☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

行きずりのリサちゃんと・・・

二子玉川の高島屋S・Cで開催されている「恐竜王国2006夏休み恐竜研究所」とやらに行ってきました。
なぜ行ったのかというと、別に恐竜ファンなわけでなく、招待券をもらったからというだけ。
大人二名まで無料って券で、未就学児はタダ。

ニコタマ行きのバス停でバス待ち中、小さな女の子とその祖母らしき
二人組が来ました。

その女の子は私のミュールについてるキラキラ飾りとピンクのペディキュアに興味を持ったらしく、しゃがんで指でつつきながら「キレイだね~☆」

リサちゃん(4歳)とおばあちゃん(推定65歳)。

リサちゃんは一人で一週間おばあちゃんの家に泊まりにきているとのこと。母親は働いているらしく、

「ママはリサがいない間におうち掃除してきれいにしてくれてるかなぁ?だっていっつもきたないんだもん!」

ハ、ハハ


おばあちゃんがバス内の恐竜王国の広告を見て「行ってみるかいリサちゃん?」などと口走ったため、では私の招待券でご一緒にどうぞ・・・という流れで、急遽お互い素性も知らぬまま恐竜王国を一緒に見て回ることに

中は夏休みのチビっ子で賑わってて、入ってすぐの等身大?の
骨の剥製?には驚きと感心の声が聞こえていたけれど、その後の
忠実に再現されて動く恐竜ロボットのコーナーになると恐怖の叫びが
響きわたってました…。リアルに再現されてて目とかちゃんと瞬き
してるし、ガオーーッとか言ってこっちに首振り向けてくるから
リアルに恐いんだもの

最後は、砂場に埋まっている骨の剥製をハケで発掘するコーナー。
3分入れ替え制でチビっ子達が必死にハケを左右上下させていました。

そして見終わり、私は私の買い物へ行こうとリサちゃんにお別れを告げると、

「ばいば~い!

と投げキッス!!

やっぱ行きずりはこうでないと



20060727140535.jpg
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。