☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

広島親子二人旅【その六】

2日目。
といっても1泊2日の旅行だからもう帰る日。
17:40発の飛行機で帰るまで、まだまだ1日遊び倒します!

ということで朝8時にチェックアウト(めちゃ早)。

そして今度は厳島神社内に入りました。

たびたび台風などの自然災害に襲われて壊れていますが、
修復を重ねて今に至る厳島神社。
床の木の板も水があふれてくることを想定済で、大昔から
一枚一枚の板の間に隙間を作っているつくり。
昔の人、頭いい。


厳島


厳島2


厳島3




そんでおみくじがあったからやってみた。
世界文化遺産の厳島神社で、


凶


凶をひく、というひきの強さを見せるこゆり



そしてその凶のおみくじを神社内に結んだ直後に、
おみくじを回収する役割の巫女さんに即効回収されて
ダンボール箱に入れられる・・・という現場を目撃。
ん~・・・もうちょっと飾っておきたかったというか・・・
あれはあまりに早かった。。。


厳島神社を見終わった後は、神が宿ると言われて古くは弘法大師
に崇められたという弥山(みやま)という山へ。

もみぢだに公園の中を少し行くと弥山へ登れるロープウェーが
あるというので行ってみる。


もみじだに


風情ある公園内。

橋



たき



ですがロープウェーまでの道のりはちょっとしたハイキング。
坂道を歩いているとハーハーいってしまいます。
ロープウェーまであとどれくらい??


時々


ときどき走って6分・・・。がんばるわ


そんでロープウェーに乗って弥山の途中まで行って、
そこからは徒歩で山頂まで行くらしい。


本州


結構高くて本格的
ロープウェーを降りたら、山頂まで登山。
甘く考えてたら結構つらくてしんどかった
やっぱ登山てMじゃないと楽しくないんだろうな~と。
親子共々Sっ気たっぷりなこゆり親子にはしんどいだけで、
登山を心から楽しめてないのをうっすら感じつつもだましだまし登る。
(後日我が子も「山に登って何が楽しいのかさっぱりわからない」と
断言。S確定。)


山頂付近には弘法大師様が修業のためにつけてから1200年もの
間一度も消えたことがないという「火」もあり、


火



自然の力で出来たもたれかかった岩と岩もあり、




岩


それらを通り越していよいよ山頂というところで、


しか山


またシカー!!(´Д`)



山頂からは瀬戸内海に浮かぶ島々や本州が360度見渡せられ
苦労して登ったつらさも吹き飛びました。
がS確定な我が子は景色うんぬんよりも「早く降りようよー」。
本当に登山向きではないこどもです。
そのためとっとと下山態勢となりました。
(が、のちにこれが功を奏す)



そうしてロープウェーの駅まで戻って、帰る。いや帰らない。
私はロープウェーの駅内で「手焼きもみじまんじゅう作り体験」
というステキなイベントがあることを調べ上げていたのでした。

もみまん職人さんに教わって自分で焼いてその場で食べられるなんて最高
じゃないのーと早速申し込み。


うちを含めて3組の観光客で職人さんにわきあいあい
教わって作るのかぁ。楽しそうだなぁ。
もみまん職人さん↓


職人




ところがこの職人さん



めっちゃコワイ





「ハイそこ他より遅い!!」
「ほらーそれじゃダメじゃないかー!」
「もっと早くやらないとっ!」


などの想定外の厳しいお言葉が飛び交い、わきあいあいどころか
緊迫した空気が漂います・・・。
「もうちょっとやさしく教えてくれたっていいのに・・・」と
ボソッとつぶやく人もちらほら。
まさかのスパルタ手焼きもみまん工房なのでした。


あんこ





もみまん



つづく。このあとラスト!



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。