☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

きらり

ここ2、3日小さなくだらないストレスが積み重なってモワモワしたので
てっとりばやく心の洗濯をしたいと思って、一人スーパー銭湯に行くことにしました。
沖縄で買った島ぞうりを履いて。


201109131220001.jpg

島ぞうりイイわぁ。フィット感ハンパないです。
あと滑りにくいから雨の日とかも安心。お値段399円。



行った先はココ↓


201109131218001.jpg


溝の口にある「喜楽里(きらり)」。
ここは小学生以下お断りのアダルトオンリーなスーパー銭湯だから、
ワーワーキャーキャーやかましかったり、お風呂でおぴっこしちゃわれるというような心配もなく
ゆっくり落ち着いて入浴できるというのがウリ。
平日の午前中だったけど結構なアダルト率でした(70代80代)。

館内写真撮影禁止だから外観の写真だけ~。


201109131218001.jpg


201109131218000.jpg



「和」の雰囲気でステキ。
中も広くって水回りもキレイに掃除されてるし清潔感があって大旅館に
来たかのような錯覚。
バスタオル、フェイスタオル、館内着持ち込みOKだから、入館料750円だけ
で入れるヨ。

まずは朝の家事で汗クサになった体を洗い清め、
内風呂の2種類を攻め、次に露天風呂2種類を攻める。

そして露天寝湯へ。
さらさらとお湯が流れ落ちてる大理石っぽい床の上に寝ころぶ。
恥ずかしいからフェイスタイルを体にかけて寝ころぶ。
空を見上げてボーッとする。雲の流れを見てボーッとする。
目を閉じて半分寝かける。

あぁ、さっきまでのストレスが背中側を伝うお湯の流れとともに流れて消えてゆく~。

露天寝湯、最高。
みんな同じことを思うのでしょう、全裸の体の表側にタオルをかけて寝る
マグロと化した女達がズラーッといる光景は圧巻
それから内風呂に戻ってジェットバスに入ったり、よもぎサウナで塩マッサージ
したり、また露天に出たり、シルク風呂に入ったりとを一人繰り返すこと2時間。
そして脱水症状を起こす前に温泉は終了。


次はおめあてのマッサージチェア!
10分200円のやつ。

若かりし頃は10分100円のやつでも出費が惜しくて躊躇したり、しても
延長は断念してたはずだけど、近頃は躊躇することなく10分200円を2セット
したりするようになった大人なこゆりです
しかもきらりにあったマッサチェアはこゆりがマッサチェア界の中でナンバーワンだと
認定する「フジリョーキ」のものだったのでテンションあがりました。あげぽよ~。


それから最後にお休み処で休憩。
薄暗い女性専用スペースで愛読書の週刊文春を読み更けたら、ストレスなんぞ何処へ。
隣ではオバサンがイビキをかいて寝てらっしゃるほどの癒し空間なのでした。



今日小耳にはさんだ情報


どうやら70才を超えると4、50代の時とは比べ物にならないほど
1年が早いらしい



露天風呂でオーバーセブンティと思しき女性陣が話していました




やはりストレスは溜めこんではいけませんね。
初期の段階で定期的につぶしていかないと。
数々のストレスを乗り越えたであろうオーバーセブンティの女性陣の全裸姿を
寝湯でボーッと見ながら、湯けむりの中でそう思ったこゆりなのでした。





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。