☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

パルテノペ in 広尾

広尾なうの続き。

お友達オススメのお店でディナーをする予定でしたが、人気店のようで
20時~じゃないと予約がとれなくて。

それまで広尾のカフェデプレでシャンパン2杯ひっかけて待つ。
炭酸がじわじわと食欲を刺激する!
だって仕事前の昼前におにぎり1個食べただけなんですもの。

201008131812000.jpg


20時になったので今晩のディナーはイタリアン。
ピッツァが美味しいというパルテノペ広尾店へ。

ちなみにココのピッツァは淵がふくらんでて生地は薄目でモッチモチの
ナポリピッツァ。
真のナポリピッツァ協会にも
認定された店ということで期待値高し。


小さな店だけど満席。不景気などどこ吹く風。
やっぱ来るとこには来るんですなぁ~。
人間のおいしいものを食べたいという欲望には不況の波も勝てない
ということか。


まずはイタリアのビール、モレッティーで乾杯!
(余談:「モレッティー」というネーミングが仲間内で
プチ流行。少々漂うおシモの香りには30代になっても反応。)





■水牛のモッツァレラチーズと生ハムの盛り合わせ

201008132039000.jpg

生ハムは薄切りで柔らかくって塩加減も絶妙で美味しかった~。
ワインがすすむ!!
今は安価に牛乳から作られるモッツァも多いので、頼むときは「水牛の」って
ついてるモッツァを頼みましょう。


■ゼッポリーネ(青海苔を混ぜたピザ生地を揚げたもの)

201008132037000.jpg

■素焼きピッツァローズマリー入り

201008132036000.jpg


■夏野菜とマルゲリータのハーフ&ハーフ。

201008132122000.jpg



シャンパンにモレッティーに白ワインとアルコールが回ってるため
写真ブレブレ。モレッティー!(意:ごめんなさい!)
写真で見返してみるとちょっと炭水化物多いね
しかしどれもハズレなし!大当たりのお料理ばかりで大満足!
ピッツァはやっぱりナポリ風のが一番好きだな~。


写真撮り忘れちゃったけど、ムール貝のワイン蒸しも身が柔らかくって
とっても美味しかった!


この日のメンツは学生時代の友達で海外旅行も3度も一緒に行った友達だったので、
懐かし話に花が咲きました。
スペイン旅行ではフラメンコを見たらすぐ影響されちゃって
ホテルの部屋でフラメンコを踊りまくっていたらしい、私。
自分の記憶にはない過去の自分の話を人から聞くのって面白いですね。

友達の「あの人は今」話を聞くのも面白い。
今回は、友達の元カレ(15年位前の)の現在の写真を入手し
見せてもらったらツルピカハゲ丸くんになっていて衝撃を受けました

あと友達の勤務先の隣のデスクの子が、こゆりが小学生の時習っていた
バドミントンクラブにいた子だったことが発覚!
こゆりのことを覚えていると言っていたとのことで急きょ
食事中にメールをしてみたら返信がきまして。
約25年ぶりにメールで会話できたのでした。サプライズ!





「嬉しい」「楽しい」「悲しい」「つらい」といった感情は、
相手が年上だろうと年下だろうと共有することが可能ですが、
「なつかしい」という感情だけは、いくら気が合う者同士でも、
世代が違ってしまうと共有することができない。



(私の密かな心の師、コラムニストの酒井順子氏(流行語にもなった著書
「負け犬の遠吠え」の著者)の著書「駆け込み、セーフ?」より引用)


同じ時を過ごした友人との「なつかし話」。
なつかし話をできる友人ってのは本当に限られた人達だから
貴重だな。大切にしたいな。と思わせられた、そんな広尾の夜
でした





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。