☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

星の王子様

ほのぼの親子会話シリーズ。

《第1話・星の王子様》



ある日の夜 
母と子で歩いていたら夜空を飛行機が飛んでいて、少し離れたその右横には星が
瞬いていました。
その飛行機はちょうど右にある星のある方向へ進んでいました。

それを見て、コが

「あの飛行機、星に向かっていってるけどこのまま行って星に
ぶつかったらどうなるの?」

というので

「そりゃーさすがに星にぶつかったらボカーンって壊れちゃうね」
(超現実主義の母。夢もロマンもありゃしない)

と答えたら

「えっ?星にぶつかっても光だから壊れないでしょ?」

と真顔で言ってきました。

どうやら光る星は、彼にとっては単なる「光の集合体」としての存在であり、
固体としての「星」という概念はなかったよう。
光の集合体である星に飛行機がぶつかったとしても光に当たるだけな
わけだから飛行機は壊れないだろう、という自論を展開。

そっから?!1年生レベルってそっから?!星、知らないんだ!
一種のカルチャーショックを受けながら、母はこう答えました。

「空に光る星っていうのはここから見ると光にしか見えないけど、
本当は今いる地球みたいな地面があったりする固い大きなものが
星であって、宇宙にはそういう星がたくさんあって、
それに太陽の光があたって光ってみえるのが星なんだよ。
だから他の星から見たら地球だって
光って見える星なのかもしれない」
(あってる??)


すると

「えっ?じゃあこの地球も星なの?!」

当然

「そうだよ」

と言うと、

「ボクって星に住んでたのか~知らなかった~」


星に住んでる。
って響き、スケールでかくっていいじゃない。




200910222055000.jpg


ひらがな地球儀。かわいい
香典返しのカタログでGETしました



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

めるひぇん

エエ話やーーーー(゜∀゜)ーーーーん!

キュンとしちゃったナ!

ひらがなのちきゅうぎもカワユス(・∀・)b!

テテ | URL | 2009-10-26(Mon)23:56 [編集]


テテさま

あぁこんな常識も教えないと知らないんだ・・・とガックシ
くることも多いのですが(・・;)
めるひぇんという仮面をかぶった「無知」ともいう・・・。
なんせ好きな教科は「体育と学活(席替えとか誕生会とかやる時間)」ですから・・・(アタマ悪そっ!)。

地球儀は大人が見てても楽しい♪
妄想海外旅行を楽しんでマス☆

こゆり | URL | 2009-10-27(Tue)16:13 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。