☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

まったりーなほっこりーな【竹富島編】

まだ沖縄時間が抜けきらず、エイトフォーと間違えてケープを脇にシュッシュして
しまう始末・・・。頭がボーッとしてる証拠だわ。


P1000555.jpg


ここは石垣島最大の繁華街。
繁華街といってもちょっと大きな商店街って感じのところですがねw
お土産屋さんがずらーっと並んでるアーケードのど真ん中に沖縄のおばあが
食品を並べて売ってます。売ってるものが南国チック。


石垣に来て思ったこと。
昔ながらのお店も多いが割りと小洒落たお店も多いってこと。

昔ながらの店。

P1000558.jpg


小洒落た店。

P1000559.jpg

新しい感性を持った沖縄の若い女の子たちが小洒落た店をやっているみたい。
移住者がやってる店かと思いきや話してみると沖縄訛りがあったりするから。
ちなみに↑の店では石垣の素材を使った手作り天然石鹸を買いました。

妙に小洒落た感じのカフェとかが海近くに結構あったりしますが、ん~なんか違うな~なんて
思ってしまいます。ここは湘南やお台場ではないですからね。

やっぱ石垣なんだから

P1000561.jpg


↑こーゆー店であってほしい
さよこの店。手作りサーターアンダギーを1個から売ってくれます。
壁のイラストはおそらく沖縄の妖精きじむなーかと思われます。

P1000843.jpg


さてさてそんな石垣島からフェリーで10分行けば、竹富島に行けます。
近いから日帰りで行ってきました。
お目当てはこちら↓


P1000588.jpg


水牛車!
竹富名物の水牛車。これに乗って集落をのんびり周遊します。
これが夢だったのん

P1000593.jpg
P1000574.jpg
P1000649.jpg


乗りごこちはトゥーンタウンにあるトロリーみたい。
水牛のタケちゃん(推定70歳)が引く水牛車に乗りながらおねえさんが島の説明をしてくれたり
三線(サンシン)を弾きながら「泣きな~さ~いぃぃ~笑い~なさぁぁ~い♪」などと名曲「花」
を歌ってくれたりします。

P1000579.jpg


すっかり心が洗われました。

たけちゃんはちゃんとコースを覚えていて曲がるところは曲がるし迷わずゴールまで
歩くんです。カーブでは内輪差まで計算して大回りするし、かしこいおじいです。

集落を30分ほど周遊しましたが、住民らしき人は1人も
見つけられませんでした。みんな何やってるんだろう???
住民より観光客の方が多かったです。

P1000596.jpg

これは竹富の小中学校。全部で30人くらいの生徒に先生が20人もいるんだとか。
贅沢ですね~♪
みんな高校になると石垣島の高校の寮に入るんですって。


さて、竹富島は1周9.2キロの小さな島。
タクシーやバスなどはなく、交通手段は徒歩か自転車オンリーです。
そこで私らもレンタサイクルでうろついてみることにしました。
道路は軽く舗装されている島一周道路か

P1000613.jpg

珊瑚の砕けた白い砂の道

P1000640.jpg

いかにも離島って雰囲気で。
都会と違って車も来ないから安心して子供もこがせられます。
楽し~!環境にもやさしいし、チャリ最高

そしてチャリで冒険しながら行き着いたのが

星の砂がとれるカイジ浜

P1000609.jpg

見よ!この透明度を!

P1000607.jpg

竹富島唯一の遊泳できるビーチのコンドイビーチ。

P1000624.jpg

きれい~
ここはネットで囲われてないのでクラゲ汁が出てるこゆりとしてはハブクラゲが
ちょっと怖かったりしたのですが、ここまで来て入らないのはもったいないからと
思い切って入水しちゃいました。
今回は無事無傷で生還!


竹富島には人工的なものがホントになんにもない。
こーゆーなんにもないところに半日もいると人間「物欲」ってものがなくなってきます。
なんもいらねぇ。
ぜひ北島選手に言って頂きたい言葉です。






【まだつづく】




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。