☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

つめほー

よく夕方のニュース番組の特集コーナーなどで、「スーパーの野菜詰め放題」ってのをやってたりしますよね?ビニール袋に入れられるだけ野菜を詰め込んで100円、とかの。これでもかこれでもかというくらい詰め込めるスゴ技を持つ主婦とか紹介されてたり。




そんな詰め放題をウチの近くでもやっているっていう噂を小耳に挟みまして、





20080605123740.jpg





行ってきちゃいました~
茄子、きゅうり、ピーマン、人参、トマト、空豆
を好きなだけ詰め放題350円でしたが、空豆に開眼したこゆりは最初っから空豆狙いでいきました
一応人参とトマトも取ってみたけど、あくまでも欲しいのは空豆。それだけ。

ルールは簡単。
まずお店の人からビニール袋とビニール手袋をもらい、スタートしたらとにかく
タテ25センチ横18センチほどのビニールに詰める詰める詰める・・・・・・・・
袋から飛び出しても、まだ詰める・・・・・・・・・
一緒に行った友人は「袋から上に飛び出した空間にぐるっと一周きゅうりを立てて詰め、それを柵にしてその真ん中に赤いトマトを乗っける」というスゴ技で、お花のような芸術作品を作りあげていました
結局こゆりは上の写真、空豆64本詰め込みました



他にもアジ、イカ、アサリの詰め放題300円ってのもあり、


20080605095810.jpg



イカは処理がめんどいからアサリだけでいいや~と、潮干狩り場のようになっているアサリコーナーへ


20080605100235.jpg




スタート直前までビニール袋を手で伸ばして伸ばして伸ばして・・・・・・
広がったビニール袋にアサリをわしづかみで詰め込んで、しめて1.25kg!


20080605123903.jpg




ここまでの取り合い合戦でかなり体力を消耗しましたが、
最後のつめほータイムは精肉。
牛肉、フランクフルト、サイコロステーキ、鶏の竜田揚げのつめほー1000円コーナー!

行ってみると、開始1時間前から肉コーナーを囲んで待機していたいかにもな”常連”さんたちが、
何がきっかけか、店員がスタートという前からフライングでガバガバ取り出し、
店員さんの「まだですよー!まだですってー!」との必死の叫びもむなしく、
狂ったように肉を詰め出す。

さきほどまでの魚、野菜コーナーとは明らかに空気が違う精肉コーナー・・・。
そこはさながら野戦病院。。。。。。

そしてその気迫に圧倒されて立ちすくむこゆりの頭の上を、

ヽ(ヽ゚ロ゚)∑

なぜかフランクフルトが飛んでゆく~!
フランクが次から次へと宙を舞い飛んでゆく~!
見るとフランクを取ったオバサンが少し離れたところでスーパーのカゴを持っている娘
に向けて投げて渡しているではないか!!!見事な連携プレイ!!(厳密にいうと反則)

中には赤ん坊をおんぶしたまま肉をあさる主婦も。
戦場さながらの現場に、当然泣き喚く赤ん坊。
しかしそんなのおかまいなしに手を血まみれ(肉の血で)にして肉をあさる主婦・・・。

どのコーナーよりも肉コーナー。
こわかったです。。。
みんな、そんなに肉が食いたいかー?!ニューヨークへ行きたいかー?!
人間のいやらしい煩悩のような部分が顕著に現れているようで、思わず後ずさり・・・。
狙ってたフランクもあっとゆーまに売り切れとなった時点で戦う気力を失い、
結局肉は買わずじまいで戦線離脱したこゆりなのでした。。。


なんか発展途上国とかで食べ物を奪い合って争いが起きたりするのが
理解できるなぁと思ってしまいましたよ。飽食の国日本でもこうして、
限りある食べ物を奪い合うときはこんなに殺気立ってしまうんですものね・・・・・・



あー、それにしても凄まじかったな~。
弱肉強食、死の恐怖さえ感じる瞬間がありましたから。。。
それでもまた次回も行ってしまいそうなのが、悲しい主婦の性って
やつでしょうかね・・・・・・・・・



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

主婦こゆり素敵すぎるわ

イイ!
こゆりカッコイイ!
と思ったけどさらにウワテがいるんですね。

テテも潮干狩りの時は網いっぱい詰め放題詰めて来るよ。

肉コーナーの阿鼻叫喚な地獄絵図。。。
見たいような見たくないような。
こゆりさんのリアルなレポートぶりに
想像力が掻き立てられます。
フライングフランフルトに血まみれの主婦たち・・・

スゲー!やっぱお母さんってつええー!

テテ | URL | 2008-06-06(Fri)22:45 [編集]


テテさま

まさかカッコイイと言って頂けるとは・・・!!!(^^;)
現場は食うか食われるか、過剰演出なドラマを地で行くような激しさでしたよ、ホントに。よく言えば、家族に食べさせるために・・・生きるために食べる、人間の「生命力」を感じることができる場所でもありましたけど。

テテさんの実家はのんびりつめほーできそうでうらやましいですi-228潮干狩リータ・テテさんなら、きっとつめほー上手な主婦になれそうですねi-236

こゆり | URL | 2008-06-07(Sat)14:50 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。