☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

昭和60年尾瀬の夏

いよいよ夏本番

♪ 夏が来ーれば思い出すー はるかな尾瀬ーー遠い空ーー ♪


そう、あれはこゆり小6になったばかりの春、小学校でいやな噂が広まりました。

「来年の中学入学式の日、リンチしてやりたい小6のヤツがいる」

その"リンチしてやりたい奴リスト"の中にこゆりの名前があったんです。
あの頃って小6から見た中学生ってメチャメチャ怖かったので、
入学式の日校舎の裏あたりに呼ばれてボコボコにされる我が運命を
変えるべく、小6のこゆりは地元中学ではなく「私立中学受験の道」を選んだのです。
そして自ら志願兵となって受験戦争の中へ飛び込むこととなったのです

それから通い始めた受験のための塾。

Tスクール。

そのTスクールで夏季合宿と称して、尾瀬にて、中学受験を控えた東京中の小6が集められ5日間位の集中勉強合宿が行われました。

泊まるホテルのすぐ近くに、二階建てプレハブ小屋が2棟たてられ、生徒達は成績別に各プレハブ小屋に振り分けられ、そこで朝から夕方まで勉強させられます。

こゆりの成績部屋は「中の下」
合宿中、成績が悪ければ「下の上」部屋への強制送還もあるため、「下」の世界という屈辱だけはご勘弁を~って「中の下」のみんなはそりゃもう必死
今思えばどっちも大差ないじゃんって思うけどさ。

ところがその「中の下」クラスの男の先生が、おっそろしく怖い先生で・・・

授業中何度注意してもどうしても居眠りしちゃう男子がいたのです。
発言や性格もちょっと変わった感じのコ。
その都度男子は泣いて謝るんだけど、その先生は髪の毛つかんで男子を床に叩き付けて怒鳴ったり、「ここから出ていけ!」と言って男子をひきずりながら出口まで連れていき締め出し食らわせたり。
最終的には嫌がる男子を肩に担いで2階の窓から突き落とそうとしてました もう上半身半分、男子は窓から出ていましたからねー。
でも「帰りたければ一人で歩いて東京まで帰れ!」と怒鳴られ、なぜかその時だけは「ハイ帰ります」と言ってすんなり男子が部屋から出て行った時は、先生少し動揺してたな。。。その10分後に小さくトントンとノックの音とともに「やっぱり東京へは歩いて帰れないと気付きました…」って男子が戻ってきたときは、緊迫した教室の中で笑いをこらえるのにちょっと大変でしたけど

とにかく恐ろしくて恐ろしくて、自分だけはあんな目にあわないよう必死に勉強しました。

そして模擬テストが行われたとき。
「平均点に満たなかったヤツは、みんなの前で満たなかった点数分だけ顔をビンタ」という信じられないペナルティを宣言されました。

もちろんこゆりは平均点満たせませんでした・・・
それも20点も・・・

先生は「かわいそうによ~みんなの前でビンタなんてよ~」とかニヤつきながら、本当に約束通りこゆりの頬を20回往復ビンタ!!!

「"ありがとうございました"はーーー?!あぁーーーっ?!

泣きながら小6こゆりは言いました。

「アザーーーーーーーーッシタ!!!



夏になると冒頭の歌を思い出し、そして恐怖の夏合宿を否が応でも思い出してしまいます。。。
でも不思議なことにこの一件を母親に話しても塾に抗議するでもなく私に同情するでもなく「あらそうだったの~」で片付けられたような気がします。
まだ日本に体罰やゆとり教育などという問題のなかった昭和60年頃の話。


今これを言葉で表して近いのは「虐待」ですか・・・ね?







スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そんな過酷なことがあったんだねv-12
今だったら、超問題だよねv-219その先生。
でも、中学入って、結局でリンチされた子いなかったけど、誰が最初にそんなこと言ったんだっけv-236

小3のときの担任もこれに近い先生だったよねv-12


アテナ | URL | 2006-08-08(Tue)15:29 [編集]


アテナさま

そう、結局リンチされた子いなかったと聞いて、私の努力は何だったんだろう…と遠い目をした昭和61年の夏でしたv-469

噂の言い出しっぺはN村Cとせちゃんですよ!!まったくもうっっi-191

こゆり | URL | 2006-08-08(Tue)16:15 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006-08-09(Wed)01:48 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。