☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

杏里の悲しみがとまった

先日ドライブ中、ラジオで


「アンサーソング」


をテーマにしたトークが繰り広げられていました。
アンサーソングとは、歌詞が元の曲に呼応している曲、とでもいえばよいのでしょうか。最近の例でいうとSoulja「ここにいるよfeat.青山テルマ」⇔青山テルマ「そばにいるね」とかですが、もう一つの意味として、元の曲の”その後”を歌ったものもアンサーソングと呼ぶようです。例えばさだまさしの「関白宣言」⇔「関白失脚」とか(例えがシブイけど)。


で、そのラジオではここでいう後者の意味(”その後”の方)でのアンサーソングとして、ある曲が紹介されていました。
女性DJが絶叫します。




「みなさん!25年の時を経て、杏里の悲しみがとまりましたぁーーーー!!!」
「空白の25年・・・遂に、遂に杏里の悲しみは・・・・・・とまったぁぁぁーーー!!!」
「もう・・・もう杏里は悲しみませんっ!とまらなかった悲しみが2008年でとまります!!」




この言葉に運転席から転げ落ちそうになるこゆり。
杏里の”悲しみがとまる”って表現・・・・・・ウケるんですけどーーー∵ゞ(≧ε≦o)

要は今月杏里が、1983年にヒットした「悲しみがとまらない」のアンサーソングとして「もう悲しくない~No More Loneliness」ってのを発売するっていうんです。
25年も悲しみを引きずっていたのかということに驚きますが、まぁもう悲しくないならそれはそれでよかったですね。完全に他人事です。


ちなみに「悲しみがとまらない」っていう曲では、昼下がりのキャフェテラスで女友達に彼氏を紹介したところ二人はシンパシィ感じちゃって、彼女から「あの人と別れて」と電話がかかってきちゃって、結局その女友達に恋人を奪われた・・・という悲惨な内容の歌詞で、その中で杏里は「こらえきれず」「どうしてなの」「彼を返して」と悲しみがとまらなかったわけです。Jポップ史上他に例を見ない残酷な内容の歌詞ですよね(^^;)


そんな彼と私の気になるその後・・・・・・・・・・・。



そしてラジオから”その後”を歌ったアンサーソングとして今月発売される新曲「もう悲しくない」が流れてきました。聞くと・・・・・・・・・
恋人を女友達に奪われ25年間嘆き悲しんでいた私でしたが、ナントその彼と再会して奇跡的に







復縁






していました!!! ゚.+:。(*≧∇≦*)゚.+:。
ちなみに、復縁したら昔の友達(25年前のすったもんだを知ってる友達)には笑われた、と歌っています。


でも正直個人的には、えっ・・・25年を経て元サヤ?そんな野郎は忘れてもっとイイ男をつかまえてほしかった・・・というのが感想です。。。
だって、誤解だよと言いながら嘘のニオイのするKissをするような野郎ですよ!
そこに愛がないのに抱きしめるような野郎ですよ!
(歌詞:誤解だよってあなたは笑うだけどキッスは嘘のにおい 抱きしめられて気付いたの愛がそこにないことをー)


皆さんは”その後”が元サヤだったという結果、どう思うでしょうか?当時20歳だとしてももう私も彼も45歳・・・・・・。よく頑張って待ったね、としかいいようがないですが(・・;)




関連記事はこちら→http://apple.excite.co.jp/News/entertainment/20080402061202/Sponichi_kfuln20080402006001.html

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

お別れ会はどうやら成功したようですね。
お疲れさまでした!
子ども30人…
この子達を上手くまとめたこゆりさんのパワーも凄いです。

そして束縛男夫婦には子どもはいないのですか?
子どもいてもこのような束縛が続くのでしょうか?
怖すぎる…

チーム三枝になられたこゆりさん、ようこそ♪
わたしはそうこうしている間にチーム産後です。

八景島は長女が幼稚園の頃よく行ったスポットです。
帰りに夫とケンカして、途中で車を降りて一人で帰ってきました。
なのですが近くに駅もなく、タクシーつかまらず、苦労して帰った記憶があります。

杏里の悲しみが止まって良かったですね♪
25年は長すぎます。
ていうか、怖い。
でも聴いてみたい気がします。
25年間どのように過ごしていたのかが気になります。
その歌もでないですかね。
ずっと彼を想い続けていたのでしょうか。


アテナ | URL | 2008-04-16(Wed)04:01 [編集]


アテナさま

確かに25年間どう思って過ごしてきたのか途中経過の歌も聴いてみたいところですね~。多分相当その時のトラウマを引きずりながら生きていたと思いますが・・・i-237

実はお別れ会が思いのほか好評につき、後日別件のお別れ会でもマジックを披露することになったこゆりですi-229
それから、束縛夫婦のところには男の子が2人いるのです!上の子が小4になったら家に友達を上げるの禁止だそうです・・・小4でも男とみなすらしいのですi-282そこまでいくとホントに病気だと思うのですが、妻の方は意外と明るく束縛を「ネタ」として笑いに昇華しています。男と女ってわからないですね・・・。

こゆり | URL | 2008-04-17(Thu)10:15 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。