☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北川温泉で親孝行①【2話完結】

20080125172005.jpg



1月は私の身内3人が誕生日というトリプルバースデイ月間です。
パパン、ママン、ツレアイの3人とも1月うまれ。
しかも今年は異例のパパン→古稀、ママン→還暦 という節目のお祝いが重なるため、トリプルバースデイ強化月間と銘打ち、いっちょやったるか!と


こゆりプレゼンツ
”はじめての1泊温泉旅行親孝行の旅”



行ってきました。伊豆は北川(ほっかわ)温泉。
踊り子号に乗って東京から2時間強、伊豆熱川駅から車で5分程度の温泉地です
道のいたる所から湯気が昇っています。

お宿のお部屋に入ってまず飛び込んできたのが、目の前に広がる水平線。その先には大島も。部屋からの景色は最高!
そして必ずしちゃうのがアメニティグッズチェケラッチョです。
女子的にはアメニティの充実度は、旅の満足度を左右してしまうほど重要。
綿棒とか置いてないとかなりテンションなわけで・・・
さっそく洗面所へいってみると


・コットン&綿棒&髪ゴムセット
・KOSE「アンテリージェ」のクレンジング、化粧水、乳液セット
・つめ磨き
・洗面所用TV
・使いたい放題のタオル


パーフェクト!化粧水らのブランドレベルの高さもグーです。
さっそくお持ち帰りさせて頂きました


あとよかったのは夕食後ロビーにて無料シャンパンサービスっていうの。
寝る前にロビーで一人シャンパンを呑みつつサービスの生チョコレートをつまみつつスポーツ新聞を読み漁る・・・というセレブなひとときを過ごしました
また「ソックスクリーニングサービス」ってのがあって、穿いてきた靴下を翌朝までに無料で洗濯しときますよ~なんていうありがたいサービスもありましたね。

そして忘れちゃならないのが温泉。
宿にある大浴場、露天風呂、ガゼボ(貸切風呂)はもちろん全部制覇。
大浴場の脇の休憩所では昼は地酒と伊豆のテングサで作ったところてんを、翌朝は朝採り野菜とフレッシュジュースをどうぞ、なーんていうこれまた心憎いサービスが。
(特にアジアンリゾート風の造りのガゼボはよかった。ほぼ満月に近いお月様を眺めながら、究極の癒しを味わってきました


お祝いということもありちょっと奮発したお宿にしたんだけど、やっぱりそれ相当のサービスも受けられるからたまの旅行はケチっちゃいけねえと思いました。




さらに宿から100Mほど行ったところにある黒根岩温泉
ここは波打ち際にある露天温泉。宿の浴衣を着ていけば無料というので張り切って寒空の中行ってみました。
実はここは混浴(19~21時女性専用)。
なんですけど、バスタオルOKなのでタオル巻きゃあいいや、一人だったらアレだけどツレアイもいるし・・・って軽~い感覚でいざ乗り込んでみたのですが・・・・・・・






私、うかつでした。。。





確かに私のバディはバスタオルにがっちり包まれて見られる隙はないのですが、周りに佇む殿方たちはノーガード!!完全に産まれたまんまのお姿で湯けむりの中に点在しておられるのです。ぶらーんぶらーんぶらーん・・・・・・
私は自分が「見られる」危険だけを考えて行動していたのですが、そこは混浴の盲点、 「見せ付けられる」という危険を想定していなかったのです。

まさか女が入ってくるとは殿方も思っていなかったのでしょうか。女は私ただ一人・・・。
同じ湯船につかっていた殿方はタオルを持参しておらず、こゆりがいるがために出るに出られないというそれはそれで逆に危機的状況に陥ってしまっていたため、もう少し温まっていたかったけれど気を遣ってそそくさと黒根岩温泉を後にするこゆりなのでした・・・。


気を取り直して・・・・・・

温泉後の楽しみは、なんといっても夕食!



【先付け】

20080125175912.jpg


どこで食べても「先付け」って「これからごちそうを食べます!」って感じでワクワクするから大好き。これを食前酒の梅酒と一緒にちびちびやるのがいいのよね~。


【フォアグラとフカヒレの茶碗蒸し】

20080125181250.jpg


贅沢の極み、ですね。


【刺身盛り合わせについてた伊勢海老の殻】

20080125192259.jpg


宿のイケスにいたエビちゃんです。翌朝はお味噌汁に。


【牛肉の石焼ステーキ】

20080125182142.jpg


400度に熱した石の上で焼いて食べます。塩もなにもかけずに食べるのが一番おいしかったから、きっと肉事体がイイのでしょう。ちなみにこの石は、翌朝のお味噌汁鍋にも入れて地獄谷のように味噌汁をボコボコ沸かせて魅せるという使われ方もされました。

【デザート】

20080125193040.jpg


茶色っぽい「ココアとあんこのデザート」がめちゃうまでした。ココア+あんこ=生チョコケーキの味で、見事な和と洋の融合です。



お祝いってことで白ワイン1本サービスしてくれました
ここのお宿では「キッズスター」っていうサービスがあって、添い寝の子供は宿泊料金タダだけどカレーライスのサービスや朝はコーンフレークのサービスをしてくれてラッキーでした。
浴衣も貸してくれたし至れりつくせりなのに、タダ。嬉しいね


お祝いで行った旅行なのに結局子守役のようになってしまった両親だけど、喜んでくれたようでよかった。パパンなんかは「あと10年くらいだな、オレは・・・」なんて笑って言ってるけれど、その間あと何回親孝行できるのかなぁ・・・?浴衣からのぞくすっかりたるんでハリを失いシワっぽくなったその肌を見てふと感慨深くなりました。



動けるうちにいろんな思い出を作ってあげたい。




そんな愛しさと切なさと心強さが込み上げる、俺とお前と大五郎な一日目の夜は更けていったのでした。。。




つづく。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。