☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自由研究 テーマ:【チンジャオロース】

先日、中国人がやってる中華料理屋さんでランチ(またの名を昼呑み会)を行っていた時のこと。



メニューを見て、「私チンジャオロースにするー!」というヤカラが3名。チンジャオロース=牛肉とピーマンの炒めもの、のことですね。
でもメニューを見ると、




①「青椒肉糸糸」 
(ホントは”糸ヘンに糸”で一文字の糸糸なんだけど出ないのでここでは糸糸!)





②「青椒牛肉糸糸」
(ここでも”糸ヘンに糸で一文字”だけど糸糸で!)





と2つそれっぽいのがあったんです。
ちょっと似てるが「牛」の表記があるかないかの差。


普通チンジャオロースっていったら”青椒肉糸糸”って書いて、使う肉は牛肉ですよね?なのにわざわざ「牛」の表記が入っている方もあるなんてどういうことでしょう?「牛」表記ありなしで何が違うのでしょう?


という素直な日本人の疑問がわきあがり、店員の中国人に聞いてみた。


すると、「こっちがチンジャオロースあるよ」と①を指さした。
「①は豚肉、②は牛肉あるよ」と中国訛りのカタコトで答えてくれた。




えー?!普通チンジャオって牛肉じゃん?!
クックドゥとか「青椒肉糸糸」って書いてあるよね?ね?




と、みんな店員の言ってることに一斉に疑惑の目を向けた。
「チンジャオ=牛肉」と信じて疑わない私達は、店員がカタコトだったこともありどこまで私達の質問を理解してくれているのか謎だったのだ。

何だか釈然としないムードが漂いながらも、そういうことなら、私達は牛肉が食べたいから②の青椒牛肉糸糸でいいよ、とそれを注文した。


その後「①の豚肉がホントのチンジャオロースっつーなら②は何て読むんだっつーの」という話になり、とりあえず私は「チンジャオビーフじゃん?」って言っときました。結構ウケました。


そして約30年間も「チンジャオロース=牛肉」だと信じてきたのにそれを否定された私達はどうもげせない気分で、料理が来るまでの間、中国国営テーマパークのキティちゃんはヒゲがちぢれていてヒドイ!とか、生きた牛をトラのエサに与えてそれを客が見て笑っているという中国の残酷サファリパークはヒドイ!とか無意識にアンチ中国な話題になっていたのでした。




そうしているうちに頼んだチンジャオビーフが到着。
いただきまーすと見てみたら、肉が





豚肉





なんで~~~??
あんだけ質問してから牛肉って頼んだのに、中国人店員の言うところのホントのチンジャオロース(豚肉)がテーブルに来ちゃった。



と、何がホントで何が嘘なのかよくわからない状況になってしまいました。



で、結局「何がホントのチンジャオロースなんだろう?」っていう謎だけが残る結果となりまして・・・
なんだかずっとモヤモヤしてました。だから






調べました。
久しぶりに勉強しました。自由研究です。
テーマは【チンジャオロース】。
では発表させていただきます。






■青椒とはピーマンのこと。糸糸とは細切りという意味。


■中華料理で通常、肉といえば「豚肉」のことである。
だから青椒肉糸糸は、ピーマンと細切り豚肉の炒め物。
よって牛肉を使用した場合「牛」表記を挿入して青椒牛肉糸糸となり、読みはチンジャオニウロースーとなる。


■正確な読みはチンジャオロースーであってチンジャオロースではない。よってチンジャオビーフなどという洒落は通用しない。






そっかぁ!!!
中国では肉といえば豚肉になるんですね!
ということは先の中国店員の「ホントの青椒肉糸糸はこっち」という説明は




正しかった




豚肉を使った①がホントのチンジャオロースーであり、
私達がチンジャオロースーだと思っていたものは実はチンジャオニウロースーだったのです。
(運ばれてきたものが間違っていたのはカタコト店員の単なる凡ミスだったと思われますのでスルーします)





約30年間信じてきたものなんて、中国4000年の歴史に比べたら・・・。なんてちっぽけ。







そういえば日本でも大阪では肉まんのことを「豚まん」って言いますが、それも大阪では肉といえば「牛肉」のことであるからして、豚肉を使っている肉まんは「豚まん」と呼ばれているんですって。






そんなの知ってら~い!って方。
右から左へ受け流しちゃって下さい。
あ~あ~ この東京砂漠~・・・




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。