☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アイルケ

20070208102926.jpg




豊川悦司、寺島しのぶ主演の「愛の流刑地」略してアイルケ。



何かと話題のこの映画ですが、友人との会話の中で「スゴイらしいよね」とちょこっと冗談交じりに話したら



行っちゃう?行っちゃっちゃう??




みたいなことになりまして。
ちょいと一人で観にいくのは抵抗あったので(一応R-15=15歳以下は観れない映画ですから)友達となら・・・とアイルケ観に渋谷まで行ってきました。



(余談ですが、早めに着いたので久々に朝のセンター街を軽く散歩してみたり、109をのぞいてみたり。センターはいつの間にかラーメン激戦区になっていたのですね・・・。そして朝っぱらから久々109の大音響BGMに10歳若返った気分♪しかしあまりに久々の渋谷散策だったため、私の記憶と街の実際が一致せず




さて。肝心のアイルケですが、のっけから






絡みシーン






トヨエツ、しのぶ両者とも素っ裸で、まさに文字通り体当たりの演技!
上映中、幾度となくお二人の絡みシーンが・・・




♪かーらみーーかーらみーー たーっぷりー かーらみー  byキグルミ



そんな♪からーみーたーっぷりな作品ですが、テーマは作家トヨエツと主婦しのぶの真剣な不倫で、究極の愛の形を描いたもの。
しのぶが愛におぼれてゆく・・・というか完全に壊れちゃってく様子が何とも、




しのぶ、イイ芝居するねぇ




というカンジでした。
愛に目覚めてだんだんキレイになってゆくからねぇ。ひとつの作品の中で。



作品事体は非常に完成度高かったと思います。
ただ・・・ただ、非常にうがった見方をしてしまいますと、




現実に子供3人を捨ててまでオトコに走るのはいかがなものか・・・(最後自分を殺してほしいと頼んでホントに死んじゃうしね・・・)



と、素晴らしい作品に対して非常にうがった見方かとは(←ココ大事)思いますが、冷静なツッコミを入れたくなるのも事実です



作品になると何もかも美しく見えるけど、でも現実はさぁ、旦那とか子供とか親とか仕事とか色んなところに影響出るしさぁ、恋は盲目っていうけどそれも喉元過ぎればなんちゃらでさぁ・・・○×%#”*;☆▲▽=~?。;+





じゃあ観るなよ!!!(-∟-;)




はっはい、いや、作品事体はすごくよかったんですぅ~
友達泣いてましたしぃ~




興味のある方はDVD出たら是非!!(上映はもう終わってる所多いので)



■お知らせ■

タコぞうくんの無料占いコーナー作りました。ご自由に遊んでみて下さい☆



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

見ちゃいましたね~
そして泣いちゃった友人です。
まさか自分でも泣くとは思わなかった。。。
かなり作品としての完成度高かったです。

母として生きるか、女として生きるのか
両方選ぶことができないのが人生。
一度きりの人生だからといって
女として生きることを選んでしまう人もいるのかもしれない。。。
っ演歌みたい、、、

きっとこの映画に感化されてしまう主婦もしくはすでに後悔している主婦とかいたりするかもね~

grg_917 | URL | 2007-02-09(Fri)17:04 [編集]


grg_917さま

きっとこの映画に感化されてしまう主婦もしくはすでに後悔している主婦、もしくは冷静にツッコミを入れている主婦もいることでしょうe-250

観た後あーでもないこーでもないと語れる映画でしたね。それって大事ですよね。アイルケのテーマに関しては、正解が出ない問題ですから語っても語り切れないです。
ムズカシイ・・・(´~`)ハァー

こゆり | URL | 2007-02-09(Fri)21:25 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。