☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヤモさん

最近我が家のベランダに突如現れるようになった、
ヤモさん。



LINEcamera_share_2013-04-18-10-22-43.jpg


毎日じゃないけど気付くとそこにいる、ヤモさん。

家を守るからヤモリというって聞いたから、毎日来てくれて
全然構わないんですけど(笑)

かわいすぎる~


スポンサーサイト

PageTop

京都二人旅(後編)

夕飯は、清水五条坂の「ゆば泉」で湯葉づくし。
湯葉ごはん、揚げだし湯葉、湯葉さし、湯葉の赤だし、
豆乳プリン。
植物性たんぱくしつを十二分に摂取。

LINEcamera_share_2013-04-12-12-03-52.jpg


本能寺の変でおなじみの本能寺にも行ってみた(写真ナシ)。
ら、スニーカーの底がべろんて剥がれて使い物にならず、
あわてて靴を買いなおすハプニングもありーの・・・
老舗めぐりも~。


文具の鳩居堂。

2013-04-11-14-23-18_deco.jpg

ロシアンクッキーの村上開新堂。

2013-04-11-14-22-04_deco.jpg  2013-04-11-14-21-15_deco.jpg

お茶の一保堂で、お抹茶と和菓子を食べました(写真ナシ)。
店員さんがお茶のおいしい入れ方をレクチャーしてくれるので、
息子もお抹茶の点て方を覚えて楽しんでました。
最後は「のの字」を書いて真ん中に泡を盛りたててフィニッシュね!

ちなみにわが息子は和の男なので、あんこ、抹茶類が大好物。
以前お友達と出かけてみんながバニラアイスを選んだときに
ひとり井村屋のあずきバーを選んでママ達がひく・・・という事件が
あったくらいですから、京都向きです。


お寺ばっかじゃ退屈しちゃうよ、こどもも楽しめ大人も楽しめる
イベントをぶっこみます。


生八つ橋の「おたべ」にて生八つ橋手作り体験にエントリー!




秘伝の米粉に水を入れて、こねこね。生地づくりから。

2013-04-11-14-09-46_deco.jpg


ニッキ、抹茶、きなこの粉を選んで練り込んで、
中身はゴマ、あんこ、抹茶あんこから好きなものを選んで
オリジナル生八つ橋を作ります。

2013-04-11-14-13-39_deco.jpg

生地を蒸してる間、併設してる工場を見学させてくれます。
工場作りたても試食させてくれました。

2013-04-11-14-12-11_deco.jpg


自分で作った出来上がりはこちら~。


2013-04-11-14-14-30_deco.jpg

ウマシっ!!
のの字を書いてお抹茶も。


説明してくれる女性がモロ関西人で、面白くって!!
写真も撮ってくれたり、とっても楽しい体験をさせてもらいました。
これで1人600円だから安い!!
息子、中学の修学旅行で京都に来たら同じグループの人達をおたべに
連れてきてまた体験をする、と固く決意。


それから京都タワー。
京都駅前にあります。
展望室の双眼鏡が全部タダってのが素晴らしい!
京都の街並みを360度見渡して、締めくくり。


2013-04-11-14-16-08_deco.jpg


最後に九条ネギラーメン。


2013-04-11-14-15-32_deco.jpg

細麺に九条ネギのみのシンプル醤油ラーメンが
激ウマでした。



今度行くなら座禅とかやってみたいな~。
京都では日本文化や歴史上人物の存在を近くに感じられて
勉強になります。
金閣寺は足利義満、本能寺の変は織田信長。
これだけはしっかりインプット出来ました(*^^)v


中学の修学旅行の時には味わわなかった京都の良さを
感じ、私もオトナになったのだなぁと感慨深かったです。
本物を見とくと違うかなと。
息子の勉強にもなれば☆彡




【完】

PageTop

京都二人旅(前篇)

息子との広島宮島二人旅からちょうど1年。
今年も春休みに母息子の二人旅を計画。
今年はどうしよう。

そうだ京都行こう。

ということで新幹線で1泊2日の京都二人旅へ!

実は旅行前にあれこれ考えながら交通手段や回る順番、食べる店、
買うものなどをネットで検索したり本で探したり妄想
したりする時間が、なにげに一番スキだったりする私。

今回も事前にバッチリ妄想して準備万端で挑みました。

京都なんて中学の修学旅行以来、だから今回は
京都ビギナーコースを設定!


まずはお約束の金閣寺

2013-04-11-14-25-11_deco.jpg


修学旅行の時より金がまぶしくキレイになってた!見事なゴールド!
実はアムロちゃんもお忍びで来たというパワースポットなんだとか。
お守りとか数珠とか買ってみたり、
金閣寺の境内にお茶屋さんがあったのでお抹茶を飲んでみたり

2013-04-11-14-17-22_deco.jpg  2013-04-11-13-49-20_deco.jpg

金閣寺にたくさんお金を落としてきました。
いいことありますよーに!!


それから平安神宮へ。

2013-04-11-13-50-52_deco.jpg

何がいいって今回ちょうどサクラが満開の時期だったので


2013-04-11-14-19-04_deco.jpg



京都はどこへ行ってもサクラがキレイだったのがすごくよかった。
その分観光客もめちゃくちゃ多かったけど。

ここで今回の旅の最大目的でもある大イベントに。
1年前の宮島で体験してから息子やみつきの、人力車~!!



2013-04-11-13-52-39_deco.jpg


平安神宮の周辺にも人力車がたくさん客待ちしてたのでラッキー。
こちらが計画してる次の予定に合わせて人力車で回るコースを
考えてくれたり、穴場スポットに寄ってくれたり、名所の説明
とかしてくれるからとっても勉強になったり、写真も撮ってくれたり
すごくサービスが良いのです。
なるべくイケメンにしようと息子と品定めしたりして



2013-04-11-13-53-32_deco.jpg

2013-04-11-14-01-34_deco.jpg

今回も「京都にはお寺が3000ある」とか
「絶景かな絶景かな(by石川五右衛門)で有名な南禅寺は湯豆腐の発祥地」とか
「金閣寺のお坊さんは銀閣寺も兼任している」
などのトリビアネタを教えてくれました。


祇園まで人力車で送ってもらって(舞妓さんに行き会えなくて残念)、
夜は清水寺へ。
サクラの咲くこの時期だけ10日間くらい、清水寺は夜の
ライトアップをやっていて21時頃まで空いてるのです。

2013-04-11-14-04-08_deco.jpg

清水の舞台に、24年ぶりに行ってみた。
夜は京都の夜景が一望できて絶景。
サクラもあいまってさらに風情アップ。

2013-04-11-14-05-24_deco.jpg



サクラの水鏡。


2013-04-11-14-06-20_deco.jpg


ここで坂本冬美が夜桜お七歌ってくれたら全然3000円払うよ!って気分でした。





つづく→



PageTop

すふ

料理をしていたところへ息子が来て、


「”すふ”って昔は”もと”って読んだんだね」。

唐突過ぎて一瞬なんのことだか???となりましたが、
「”てふ”は昔は”ちょう”と読んだけど・・・。
”てふてふ”で”ちょうちょう”だったけど、”すふ”で”もと”とは
読まないよ。」と答えたところ、

「ひらがなで”すふ”は”もと”って読むんでしょ?
ここに書いてある」と言って指差した先には、




LINEcamera_share_2013-04-05-11-26-49.jpg



たてがきでひらがなで「すふ」!!!
その横に「もと」とルビ!!!


つゆのすふ。


ありえません。


ちなみに4月から5年生。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。