☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ディズニーランド2011

小学生は冬休みに突入。
どこか行きたいところは?の質問に迷うことなく


「ディズニーランド!!!シーじゃなくてランド!!!」




年に1度のお楽しみのTDL、貧乏性の私はついつい
絶対モトとったるーーーと欲張る傾向があります。
寒い中5時起きで9時オープンのランドの前で待機。
本当は閉園時間ギリまで遊んでたいのですが、毎回こどもの体力が
持たず、エレクトリカルパレードを見たところでこどもの睡魔が襲って
きて帰ろう攻撃にあい、買い物もそこそこにパークを出てホテル行きのバスの
中で花火を鑑賞、そして1泊、翌朝舞浜駅前のボンヴォヤージュにてお土産を
買うというパターン。
今回もまたそのパターン。

今回はクリスマスとお正月の合間の何のイベントもない期間に行ったので
意外とすいてたし、初めての体験をいくつか出来たので良かった

ビッグサンダーマウンテンに初めて我がコを乗せられたし、ホーンテッドマンションも
私自身も人生初体験できたし、念願の「ミッキーの家とミートミッキー」に行けたし!







Dec_28_2011_60_convert_20111228164434.jpg




何気にミッキーと写真撮るのも人生初!
やっぱ本物を間近で見るとテンション上がります
ミッキーかわいい!!



それとTDLでは至るところに隠れミッキーがいるので、待ち時間の間とか歩いてる時とか
それを探すのも楽しい



「ミッキーの家とミートミッキー」にて。
さてわかるかな??



Dec_28_2011_738_convert_20111228164541.jpg




お土産の袋にも裏表にそれぞれ違う場所に隠れミッキーがいるから
それを探すのも面白い



何度行ってもディズニー一色の世界で、雑念が消えます。
エレクトリカルパレードなんて、もう・・・・夢と魔法の国ですね。

すっかり楽しんで舞浜を後にすると、TDL内では防寒用のミッキーのマントを着てた我がコも
舞浜を出たらいそいそとバッグにしまって・・・現実に戻る!!!


あの恥ずかしい感じは何なんだろう???

スポンサーサイト

PageTop

回転寿司屋にて夢破れた弟

みなさんのおうちはサンタクロースが来る家?



うちはサンタさん来る家です
今年は3DSが欲しいそうで、すでにサンタへのお手紙も準備万端


さて、今年のクリスマスは3連休ですね。
こゆり家は3連休ともサッカー
3連休の前日である今日もサッカーでしたので
4日連続サッカーでございます・・・。

湘南の方まで日帰り試合遠征×2日ですので、もうほとんどこどもは
家にいません。
ですからこゆりも今年は仕事にいそしむことにしました
(イタリアンレストラン、まだやってます。丸2年が経ち、もう誰もはむかう者は
いません


で、4日連続サッカーの初日である本日、練習終わりで夕飯作るのめんどくさいので
我がコと回転ずしに食べに行ったときのこと
3連休前夜だからか大盛況の店内。20分待ちと言われ、順番を呼ばれるまでソファで
待っていました。

そこへ後から来た小学生の姉弟が隣に座りました(姉小6、弟小3くらい?)。
並びとしては姉弟→こゆり→我がコの順。
こどもって近くにこどもが来ると何気に意識してチラチラ見たりするんですけど、
その時も我がコは平静を装いながらもこゆり越しにいる姉弟の存在を意識しているのが
こゆりにはわかりました。

それを知ってか知らずか(いや多分知らない)、その姉が何を思ったのかいきなり弟に対し、




姉「ねぇ、いいこと教えてあげよっか。サンタさんってほんとうにいると思う?」

弟「・・・え?!・・・いると思う。」





ヤバイ・・・。この展開はヤバすぎる・・・。
この先の展開は間違いなく・・・・・!!
我がコ、間違いなく隣で聞いてる・・・!!!






ダメーーーーーーーーー
その先言っちゃダメだし聞いちゃダメーーーーーーーー!!!





と瞬時に判断、そのリスクの大きさゆえに咄嗟に我がコに対し



「ホ、ホラ!手・・・手ェ洗ってきなさい!!手ェ!!」



というもっともらしい逃げ口上でその場をしのいだ、こゆり。
素直に手を洗いに、ソファを立った我がコ。


その直後。





姉「本当はサンタさんていないんだよ。あーれーはぁー・・・お母さんがプレゼントを
おいてるの!」

こゆり「マジで言っちゃったよこいつ(心の声)」


弟「・・・・・え・・・・ほんとに??(絶句)」


姉「よく考えてみなよー。一晩で世界中の子供の家に回れるわけないじゃーん。だからプレゼントを
おいてるのはサンタじゃなくてみんなの親なの!」


弟「・・・・・そ、そうなんだぁ。いないんだぁ・・・(絶句)」



姉「あ!この話は小さい子には話しちゃだめだよ。夢壊すから(笑)。うーん、この話は
ちょっとブラックすぎたかな!アハ!」



弟「・・・・・・・・・・・・・・・・・(絶句)」



こゆり「弟ぉ・・・・・・・(心の声)」






つーか、姉ーーーーーーーーーーー(y゚益゚;)yゴルァァァァ




そういうのは家でこっそり話してくれよー。
危うく我がコの耳に入るとこだった



一応ね、サンタが来るのは今年までで、来年からはサンタさんも回る家が多すぎて大変だろうから
ウチはもう来なくていいですよ、その代わりお父さんお母さんが欲しいもの買ってあげるから、
って今年のクリスマスに我がコに言ってみる予定なのです。
サンタの現実を知ってなーんだってガッカリする前に、まだ信じてるうちに、
幕引きする方が夢があるかなって思いましてね。

まさかそんな計画をしてるよその親が真隣に座ってるとはつゆ知らず
姉は発言したのでしょうけど(苦笑)、あの姉によって我がコが
真実を知るなんていうそれこそ夢のない幕引きだけには絶対したくなかったのさ!



あぶないとこだった( ´,_ゝ`)=3



では皆様、よいクリスマスを




PageTop

サッカー

今年の流行語大賞はやはり「なでしこジャパン」でしたね
あれは本当に感動しましたからね。スポーツの力ってすごいです。


で、こゆり個人としても今年一年、わがコのサッカーを中心とした生活でした
年長さん時からやってるので丸3年になりますが、今年あたりから試合や練習が増えて、
一ヶ月をかけて戦う一年に一回の大きな公式戦を終えた今は特に、
サッカーはもうお腹いっぱいです
改めてサッカーに支配された日々だったなと思うわけです。
平日の放課後1回&土日の週3回はサッカーがありまして、その送迎や応援やらで
駆けずり回っておりました。


ただの地域のサッカーチームで、コーチはパパたちというよくある地域の
少年サッカーチームではありますが、勝ったり負けたり、
毎回楽しませてくれます。
世の中には上を目指す子はさらにサッカースクールに通ったり、
クラブチーム(Jリーグ)の下部組織のテストを受けたりと色々していますが、
我が家はそこまではしていません。だって、
サッカーでは食っていけない。と思ってますから
Jリーガーになるなんて確率的に東大に入るより難しいでしょ。きっと。
でもそうやって上を目指す子というのは本当に優秀で、そういううまい子の
揃ったチームは3年生とは思えないほどうまい。そういう子が育っていくので、
確実に未来のサムライジャパンはW杯優勝もありえると、そう思っています。




先月の公式戦。市のナンバー1を決める大きな大会。


まず市の69チームの中での予選(1ブロック4チーム中、
上位2チームが予選抜け)。
勝てるだろうと思っていたチームに最後30秒で点を取られて
2対2に追いつかれるというドーハの悲劇的な痛い出来事があったがために、
予選突破の確率が2割となり、あとは残りの1試合を8点以上とらないと
予選抜けできないというかなりシビアの状況でありました。
サッカーで8点てほぼ無理でしょ・・・と落胆ムードが漂っていたところ、
その残りの1試合をまさかの5-2で勝利。
勝ち点3を加えて8点をGETして見事予選突破!!
という奇跡的な勝利をおさめたのにまず感動。

その後進んだトーナメント戦。
もうトーナメント戦まで来れたからいつ負けてもいいです
よく頑張った!という気持ちの中、
初戦は勝ち星、次の試合は負けるだろうとおもわれていた強豪チームでしたが
これがPK戦にもつれ込み・・・
5回蹴ってゴールが多かった方が勝ちというルールで、相手チームが
4番目でシュート失敗。
これでゴール決めたら我がチームの勝ちという緊張のシーンで、我がコ登場。
なでしこvsアメリカのPKの時の熊谷選手みたい・・・こっちがどきどきするわ・・・
頼むー失敗しないでくれー。と祈る母を背に、見事ゴールを決めた我がコ!


ヨッシャぁぁぁぁぁぁーーーーーー
勝ったぁぁぁぁぁぁぁーーーーーー




ビデオに残る母の叫び。
もう本当心臓に悪い。我がコのPK(苦笑)。




で、結局勝ち上がった次の試合では負けちゃって終わったんですけどねぇ
(だって相手チームに頭2つ分ほど大きい黒人とかいるんだもん
もうそこまでの奇跡の連続、感動の嵐が大きかったから、母さん達全く後悔なし!
もう充分!よく頑張った!と心からみんなそう思ったのでした。
結果は69チーム中、ベスト16。
サッカーがさかんな地域の中でのベスト16は大したもんだと言ってやりたいです。


子供たちが勝って大人まで嬉し泣き、負けてパパコーチまで男泣き。
頑張ってる子供たちの姿から伝わってくるナニカにみんなが引き込まれてゆくのです。
この一体感がスポーツならではの感動なのです。


思えば帰宅部で過ごしたこゆりの青春の日々、部活にのめり込んで過ごすといったアツイ
思い出が皆無でした
今になってそれを疑似体験させてもらってる感じで、遅れてやってきたスポーツ絡みの
アツイ青春を謳歌しています。サッカーって面白いですね!(ま、見るの専門。やるのはヤだけど)
我がコにもサッカーを通じてサッカー以外のいろんなものも学んでいってもらえたら
いいなと思っています。



波乱の公式戦を終え、もうサッカーはお腹いっぱいです、少しのんびりさせて下さい。
と思ってた矢先、ひとつ上の学年(4年)のコーチから、
「4年の県大会のヘルプとして3年から4人召集したいと思います。」
その中に我がコの名前が~

「県大会終わるまで4年の練習にも来てください。」
練習が平日2日に増える~休めない~
光栄な話なんですけどね



Dec_5_2011_187_convert_20111205135305.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。