☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

仙台名物

仙台名物といえば、






おはぐろずき(by我がコ)





いやいや



おはぎがすき(by我がコ)







いやいや






萩の月





201102241045000.jpg










もはやおみやげの定番というよりこのウマさ、むしろ





ネ申





201102241045001.jpg



神、だからこそ許されるこの時代と逆行する過剰包装・・・。
外箱+個内箱+個ビニール包装+個ビニール包装という4重包装で、
早く食べたい気持ちをじらせる神ワザテクニックです。


スポンサーサイト

PageTop

人って

小学校で命についての授業があったみたいで
お腹にいる時からいまに至るまでを家の人に聞いて
みましょう、ということで我がコに色々聞かれたりしてたんです。
そして学校から父兄あてに「子供に内緒で手紙を書いてきてください」
という宿題を出され、私も書いて提出したのが先日のこと。


そんで後日今度は、おうちの人にお手紙を書きましょう、ってことで
子供から手紙をもらいました。


以下、手紙(原文のまま)。



お母さんへ

お手紙ありがとう!
ぼくが0才のときは、まだ小さいころだったからお母さんのことは
わかんなかったけど、9ヶ月ぐらいたったらお母さんのことがわかってきて
それから1才ぐらいになったら『ママ』言いはじめて3才になって幼稚園に
人って、4~6才のときまで人ってそこから、小学校に人って、そんな
すききらいがすくなくなってきて、1年になって算数や、国語や、体いくなど、
いろんなべんきょうをやりはじめて、まちがえたりして、そこからいろんなことを
学んで行って、2年になって算数や、国語や、体いくなど、バージョンアップ
して先生もかわっておそわることも、かわってお母さんが、つくる料理の
中に人っているやさいも食べれるようになって、お母さんの料理もおいしく
かんじていつもおいしい、料理を作って、くれてありがとう!!!







長っ!!!


2行目から最後まで長っっ!!一回も切れめなし。


それとちょくちょく「入」と「人」間違ってる~!!!

201102201315000.jpg


201102201315001.jpg


201102201316000.jpg


201102201317000.jpg



「幼稚園」や「料理」が書けるのに「入」が書けないって・・・(苦笑)
「太った」を「犬った」って間違えてた時もあったしなぁ。
この漢字間違いレベルはのび太くんとどっこいだな!
野比のび犬って書いちゃうな!



感動したいのに感動がさえぎられるこの感じ・・・
複雑~



PageTop

究麺

日曜夜にやってる「お願い!ランキングGOLD」というTV番組。
料理評論家が料理自慢の芸能人の料理を「マズイ!」と
バッサリ却下しちゃったりするコーナー。
グルメレポーターみたくお世辞で美味しいですねとか言わず
ガチで評価するから面白いし、信ぴょう性もあるなと思うんです。

そんな「お願い!ランキングGOLD」で先日、明星食品のカップ麺を
料理評論家が一刀両断してたの、見ましたか?
明星食品商品開発部の人とかが見守る中、バッサバッサ切られてゆく
明星のカップ麺。。。
「しょっぱいですね」「これは二度と食べたくありませんね」
などと言っちゃう料理評論家の先生たち。かなりのSと思われます。


そんなどS先生たちをして「美味しい!」「インスタントとは思えない」などと
言わしめ、見事一位を獲得したのが


究麺(きわめん) ちゃんぽん



ちなみに、

2位 究麺 濃厚とんこつ
3位 ちゃるめらカップ しょうゆ
4位 一平ちゃん夜店のやきそば
5位 チョッパヤ 極細麺&ポークペッパー醤油


その結果を知って、一言言わせて。







わたし、究麺のウマさ、もう知ってたから!!
わたし早かったから!!!





もーこんなことならもっと早くブログに書いときゃよかった・・・。
そう、もう数カ月も前からこゆりは家で、「究麺おいしい!」と一人
言い続けていたのです(ちゃんぽん味は未体験)。
今からブログ書いてもTV見たから食べた人みたいじゃん・・・。
お気に入りの隠れ家レストランが東京ウォーカーに掲載されたから
並ばないと入れなくなっちゃったような気分。


予想は的中。
TVで見た翌朝スーパー行ったら究麺コーナーだけ、完売。
ほらね。やっぱね。


ようやくGETした「究麺 濃厚豚塩」。
(お願い!ランキングGOLDを見たから買いに走った人風に見ないで!
わたし究麺のおいしさとっくに見抜いてましたから
密かにひとり心の中で叫ぶつらさといったら・・・)

201102161203000.jpg


201102161213000.jpg



んんんーーーーーーーウマイッッッ!!!!!
スープが本格的でおいすィーコショーもキイてて大人な味っっ

で、麺がありえないくらいモッチモチ!!
ほら!!





201102161215000.jpg


フェットチーネのようなモチモチ加減。
インスタントラーメンも新たな時代を迎えましたね。
麺を究めてます。


ほら!!


201102161215000.jpg



食べたくなってきませんか??
でももう入手困難ですよ。TV出ちゃったから・・・。



本当にこれだけは言わせて。



わたし、知ってたから!究麺のおいしさ、知ってたから!



PageTop

聖☆おにいさん

普段あんまり漫画などは読まないタチです。

ですが、ひょんなきっかけで面白いらしいと知り、さっそく
ブックのオフへ行きGET。




「聖☆おにいさん」。
セイントおにいさんと読みます。





201102141512000.jpg




主人公がイエスキリストとブッダ。
そう、あのキリスト教の、あの仏教の、です。

その2人が世紀末という大仕事を終え、バカンスとして
選んだのが下界で、二人は今、東京・立川のアパートで共同生活をしている、
という設定。設定だけでウケる!!!立川~笑。

あくまで教祖ではなく一般人としてふるまって下界では過ごしている。
だからイエスはミクシィもやってるしブログもやってる!!
ユダ(イエスの弟子で唯一イエスを裏切った)がマイミクになってたり!!

起こすつもりなくてもちょいちょい奇跡が起きちゃって、
イエスは飲んでる水がぶどう酒になっちゃったり石がパンになっちゃったり。
仏陀は後光が差しちゃったり。


聖書や仏教の内容に絡めた話になってるのも面白い~。


カトリックの学校で毎日聖書読まされてた経験がこんな形で
生かされるとは


二人の世界的教祖を漫画のネタにしたりなんかして大丈夫なのかしら?
という一抹の不安がよぎりがちですが、実は海外では高い評価を得ている
らしく、日本文化のひとつとしてどっかの国の博物館にも展示されてたり
もするらしい。
それを聞いて一安心(´ー`)





PageTop

新幹線にて

年明け一発目にママ友たちと新年会をかねたランチをすることに
そのときなぜか


一人ひとネタ



何でもいいから用意してくること、ということになりまして、
なんでネタが必要やねんという感じなのですが(^^;)
一生懸命ネタを考えた結果、こゆりは正月に起きた





「新幹線にて





というネタをぶつけてみることにしました。



正月に大阪に行った帰りに、指定席をとったのぞみに乗り遅れーの、
仕方ないから自由席のひかりに乗りました。(←割愛してもいいのに)

こゆりはひまつぶしに雑誌を読み更けることに(女性セブン)。
すると左斜め前にお母さんと2、3歳くらいの双子の女の子の親子連れが座りました。
さすがは女の子、小さくてもよくしゃべる。
双子の一人がお母さんに向かって、双子のもう片方に向かって、
ひっきりなしに話しかけています。

こゆりは女性セブンを集中して読みたいのに、女の子の話し声で集中できない。
だからだんだんイライラが募りました。
でも女の子はそんなことはつゆしらず、ずーっとお母さんと双子のもう片方に
向かって話しかけています。
その女の子の話していた内容と親子の会話は、以下の通り。



♡女の子「あなたの風邪はどこから?」

◆おかあさん「私の風邪は、鼻から・・・」

♡女の子「あなたの風邪はどこから?」

★双子の片方「私の風邪は熱から・・・」

♡女の子「あなたの風邪はどこから?」

◆おかあさん「私の風邪は頭から・・・」

♡女の子「あなたの風邪は・・・」



・・・・・・って何周続くねん!!!
ずーーーっとこの繰り返し。
だからすげーイライラした。

ってハナシ。





終了~。

♪チャーンチャチャーンチャチャチャ
チャーンチャチャーンチャチャチャ
チャーンチャーンチャーンチャチャンチャンチャーン♪
(蒲田行進曲のテーマ)



と、さっと隣の友達の手をとり、蒲田行進曲のテーマを口ずさんで
両手を上にあげて下に下げてを強要し、強引に話を終わらせた、こゆり。



「上半期ごきげんよう大賞ノミネートくらいはいける」
と、友達に褒められました。





ま、結局ネタの優勝は友達の旦那からのDVネタ(マジネタ)に
持ってかれたんですけど(笑えない)。





PageTop

ベランダにて

一瞬のことだったので、写真がないのが超残念なんですけどー。。。



先日ふと家のベランダに目を向けると、たくさん干してある洗濯ものの
下に茶色い物体が・・・。


毛があるな。
ファーかなんかが落ちた?
いや、ファーなんて洗ってないなぁ。



まさかネコ?!(←祖母の代からネコ嫌い)





と思った瞬間、その茶色い毛の物体が振り返り、完全に目が合った!!!




ひゃああああああああああ!!!!
なんでえええええええええ!!!!




その瞬間、そやつは壁の下の隙間からお隣のベランダに
さささーっと走り去って行きましたとさ。





いうある昼下がりの出来事。。。






そやつの正体は何でしょう?






正解は、











タヌキ








野生のタヌキがウチのベランダに~~~!!!!
どんだけ田舎なんだってハナシ。ちーん。(--;)

6階までどうやって上がってきたのかは不明。
(エレベーターで来てたり??)
そしてどうやって地上まで降りるのかも不明。



イラストとかのイメージとは違って、野生のタヌキって結構目ちっちゃいのねん。


しっかしビビッたな~。



PageTop

ライブ画像


神奈川地方、今年初の完全なる雪が降っています!!!玉がデカイです!

雪に気付くと大人でもテンションあがりますね。


でも仕事行くにはめんどいな…(-ω-)

PageTop

みんなでかげとり

フォトグラファーをしているこゆりの友人から、
「アトリエで子供向けのワークショップを開催するから
来ませんか?」という素敵なお誘いをいただきまして

普段アーティスティックな活動といえば当ブログのみ、という
まことにアートとは無縁の生活を送るこゆりですが、この日ばかりは
是非に!と我が子を引き連れて都へ出かけてまいりました



その日のワークショップの内容は「みんなでかげとり」。
特殊な黄色い紙の上に枝や葉っぱやひもなどを使って動物の形を作って
太陽光のあたるところにしばし置いておくとその影が紙にうっすら
写ります。その紙に最後にアイロンをかけるとあら不思議!
今度はブルーにハッキリと影が炙りだされるのです。


参加したのはこども10人くらい。負けじとこゆりも参加してみた。
ところがたくさんある材料の中からいざお好きな動物を、と言われても
なんせノンアーティスティック生活ですから情けないことにすぐに思いつかない
完全に図工用の脳みその部分が使われていないことに気づく。


201101301352000.jpg



これら材料の枝を縦にしたり横にしたり、石を置いてみたりどかしてみたり、
あーでもないこーでもないと試行錯誤。
我が子もなかなか最初はうまいことできずに、手が止まってしまったり・・・。
こゆり→ひつじ、我が子→ドラゴンのはずが行き詰まり・・・。

そんなときは思い切って1回リセットしよう!!とひつじもドラゴンも断念。
イチから新しい作品に取り掛かり始めた途端、今度はさらさら~っとアイディアが
ひらめいて・・・図工用脳みそ、開眼!!


結果、こゆり作。

タイトル【ヤモリ(アニエスベー)】。




201101301352002.jpg


頭が石、胴体は葉っぱ、足はもみじで成っています。


次は、我が子作。



タイトル【こうもり】。


201101301353000.jpg


羽は紙製コースター、あとはクリップや洗濯バサミ、枝、おはじきなどを駆使
した力作となっております。



ねっ?ねっ?ちゃんとそう見えるっしょ??



アイロンでブルーに影が浮かび上がってきたときには思わず
「おーーーー」と感嘆の声をもらしてしまいました。



みんなの作品を壁に貼って飾ったの。

201101301352001.jpg


最後に壁の前で全員で記念撮影。


image.jpg





スタッフの皆さんも優しくて、ほんわかした空気の中でのあっというまの
2時間を過ごさせて頂きました。
アトリエも、これがまたオサレでねー
こんなオサレな友達がいちゃっていいんでしょうかねぇ

と都を後にし、途中駅構内で買ったのはHIROTAのシュークリーム。
最寄駅に降り立つと、今年初めての小雪が舞い散っていたのでした。




今回の会場となったのはこちら→TRUNK

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。