☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2009年もありがとう

来年、年女。
三十路2回目の本厄を迎えます、こゆり。
(意外とそーゆーの気にするのです。)


厄年・・・やはり何かあるんじゃないかと。



実際、前厄であった今年は医療費がハンパなかった!
副鼻腔炎で半年通院、ブラで肋骨にヒビが入った。
ツレアイは指を骨折。
コは捻挫や靭帯損傷×2回で松葉杖、
そしてここにきて、




新型インフルエンザ発症・・・・・・





夜中に39度の発熱、意識も朦朧、
軽いけいれんのあと、


「呼んで・・・警察、呼んで・・・」


とか言うからビビったわ~。
熱がさがった今聞くと
けいれんを自覚したので救急車呼んでと言いたかったところを警察呼んで
と言ってしまったらしいけど。
本人いわく「このまま死んじゃうのかな・・・と思っていた」くらい
やはり恐るべしインフル、であります。


つーか発症直前まで同じ布団にくるまっていたこゆりは感染してないのか?!
思いっきり咳浴びてたよね?!
そんな不安を抱きつつ、新年を迎える予定であります。ちーん。
ひたすらマスクでドアノブの消毒やタオル・寝具の洗濯に明け暮れる年末。。。
手洗いしすぎで手荒れMAX!
もちろん1週間外出禁止ですから、仕事をはじめすべての予定をキャンセル、
今年は自宅でお正月を過ごす予定。

前厄でこれだけあるってことは来年は・・・と考えると
背筋が凍る思いがします。
新年早々、厄払い行ってこよっと!



では皆様来年もよろしくお願いします。
よいお年を!






スポンサーサイト

PageTop

怪我の功名

200911282052001.jpg




先日クリスマスイベント中のディズニーランドへ遊びに
行ってきました。
なにげにクリスマスシーズンのTDLは人生初。


で、トムソーヤー島へ行くいかだに乗った時のこと。


木で出来たいかだの上に普通にスーッと手をすべらせたら
チクッ!痛ッ!
見ると指に木のトゲが刺さってしまっていました。

あれって不思議なもんで、どんなに手で引っこ抜こうとしても
皮の下のトゲって絶対抜けきらない。
でも抜かないとしょーがないんで、ゴーインに指の皮を爪で破りきって
なんとかトゲを抜きました。

でも消毒しないと変な菌とか入ったらヤなんで、キャストに
一番近くの救護室はどこですか?
と尋ねてみたところ、「ビッグサンダーマウンテンの横」だという。
そこでビッグサンダーマウンテンまで行ってさらに別のキャストに
救護室はどこかと尋ねると、
「通常は立入禁止ですが私どもと一緒であれば入れる救護室はこちらです。」
と言うではありませんか!
ワールドバザール近くの中央救護室とは違う秘密めいた救護室!

んじゃー・・・と、のそのそキャストの後をついていく。
そして木の扉をあけて中に入ると、そこはなんと夢と魔法の国の裏側!!!

まるで雑居ビルのような薄汚れた廊下(約10mほど)の右側には何部屋か
控室のようなドアがあり、そこでこゆりは見てしまったのです・・・。
禁断の




「キャラクター休憩室」



という部屋の看板を!!!
ドアは閉まっていて中は見えなかったけど。
部屋の中で肩から下だけのミッキーがタバコでも吸ってたりしたら
ちょっとショックかも(苦笑)

ちなみにその10mほどの廊下は「あいさつロード」と名付けられていました。
白い紙に
「あいさつロード。ここで会った人全員にあいさつをしましょう。違う部署の人でも
積極的にあいさつをしましょう。」
と書かれていました。
部署って・・・。
夢と魔法の国なのに表現が俗っぽい。

そんであいさつロードを抜けるといったん屋外に出ます。
そこには自転車が無造作に停まっていたり、バイトの制服が
ハンガーで干されていたり、妙な生活感があふれる空間・・・。

そして屋外に出てすぐ右折した右側に、秘密の救護室が!

そこには救護キャストが1人待機していて、事情を話すと
お詫びした上で、マキロンで消毒して絆創膏を貼ってくれました。
貼り替え用に2枚ほど絆創膏くれました。
(新カットバンていう庶民的な絆創膏でね。ミッキー型絆創膏とかでは、ない。)

処置が終わると再びあいさつロードを通って、夢と魔法の国へ戻りました。
なんか裏側見れて得した気分♪♪

ディズニーランドでケガした時は中央救護室ではなく、ビッグサンダーマウンテン近くで
キャストに「ここから一番近い救護室はどこ?」って聞くと、この秘密の裏側へ
案内されますよ!


怪我の功名ってやつですな。




PageTop

オシゴト

こゆり、11月下旬から社会復帰をいたしました。
都内のとあるイタリアンレストランにて昼間に週3~4回、
ホールのおシゴトです。

まず仕事を始めるにあたっては、やはり
無理のない、一番に子供のことを考えた働き方
ということを自分の中の条件にしていたので、
基本、平日昼間10時~15時までの週3、4回勤務。通勤時間は30分以内。
これが絶対条件でした(じゃなきゃ家庭生活立ち行かなくなるとわかった・・・)。

15時まで働いて、あがって、電車乗って、学校の学童保育へ迎えに行って、
家に着くのが16時。その後の習い事の送迎や夕飯の支度などを考えると、
核家族の我が家にはこれが限界。

コは母親が働くことを快諾してくれましたが
(好きな人ができそう、と疑われましたが・・・ ( c_,|||))
ひとつだけ条件を出されました。
それは、

「いつも遊んでいる公園で友達と遊ぶ時間を確保すること」


それが彼にとって今一番の「イノチ(本人談)」だそうで、17時のチャイムまで10分でも
公園で遊べないのは絶対にイヤ!とのこと。

確かに子供にとってその時間は必要だと思うし、そんな楽しい時間を削らせて
まで働きたいとは思わなかったし、思う存分遊べないストレスで心身ともに支障が
出たりしてしまっては元も子もありません。

だから遅くとも16時までに家に帰って17時までの1時間思いっきり
公園で遊ばせる。そのため、働くのは15時まで。
こう決めていたのです。

そしてこれらの条件をのんでくれた理想通りのシゴトが見つかったのです。
で、働き始めたわけですが、
ひとつ誤算が・・・。
イタリアンレストランなのに、





まかないが、出ない 





こゆり、大失態~ (=Д=;)
求人広告には「食事補助あり」って書いてあったから出るものだと思っていたのにー。
でも面接で「食事出るんですか?」なんて質問したらどんだけ食いしん坊なんだと
思われて不採用になったら困ると思って、あえて確認していなかったのです。
ま、実際食いしん坊なんですけどね、ここでこんなこと言ってる時点で。
たぶん17時までとか働けばまかない付きになるんだと思うけど、
15時あがりにはないのでしょう。きっと。
(↑まだそれについて聞くことができない新人こゆり。)


この店がまた超がつくほど忙しい。
5時間たちっぱなしで休憩なし。
飲めるのは水オンリー。


三十路女の足腰にはこたえます。。。。


しょうがないから、最近昼御飯は




200911270854000.jpg



こんだけ。
この日は、おにぎりとシウマイ。

直径9センチ、手のひらサイズのキティちゃんタッパーに。
5分以内で食べられる量限定。
これを仕事あがりの更衣室で、もしくは駅のホームで(!)かっ喰らう。
先日の汐留豪華ビュッフェランチとはえらい違いだぁ~!!
(ここで前記事の”つづく”に続く)


その一方、こんな生活してたらどんだけ痩せちゃうんだろ?って
ちょっと期待もしちゃう。
体を酷使しているため当然夜には第二次成長期、再来か?!ってくらい腹が減る。
カラダが高カロリーのものを欲する欲する!!
今までの夜にはありえない食べ方。
カルボナーラの後に足らずにポテチとチョコレート・・・
なんていう恐ろしい食べ方をしてしまったり。
ちょっとした摂食障害入ってマス。d(ゝ∀・)


はじめは忙しすぎるし仕事もわからないし緊張してるし注意受けるし、
はぁ、やめたい・・・とか弱気でしたが、ちょっと慣れてきた最近は、
実は職場の人たちが同学年が多く、家も近所だったりということが
発覚。
ちょっと楽しくなってきました♪


「平日昼の主」と呼ばれるのもそう遠くないかもな・・・
と思ったりもして(((^艸^)))






PageTop

ごほうびランチ

約8か月に及んで友人のネイルモデルをしてきましたが、
ついに10月に行われたネイル検定2級の結果発表があり、結果は「不合格」。
残念。。。合格率3割の壁は厚かった、というわけです。

結果はこうなりましたが友人が今までお世話になりましたという気持ちをこめて
ランチをごちそうしてくれることになり、
汐留ロイヤルパークタワー内のビュッフェレストラン「HARMONY」へ行ってきました。


ひとつひとつガラス容器に入ってとりやすいしキレイな前菜たち。

200911241131000.jpg


フォアグラ入りオムレツトリュフソース、は目の前で作ってくれる。

200911241131001.jpg


こんな景色を見下ろしながら・・・

200911241132000.jpg



その昔新橋で働いていた時期もあったこゆりですが、数年ぶりに訪れた新橋はすっかり
姿を変え、キレイなオシャレな場所と化しており、驚きました。
とりあえず日テレ新社屋のズームインで毎朝うつるところとか見物してきましたが。



これが最後の豪華ランチになるとは、その時のこゆりは夢にも思っていなかったのです・・・。



つづく。





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。