☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブラックサンダー

20090218131602.jpg



ブラックサンダーーーーー!!! 



若い女性に大ヒット中でおいしさイナズマ級の駄菓子
ブラックサンダー(30円)。


昨年からこゆりの中でイナズマ級に大ヒットしてる駄菓子です


昨年のオリンピックの体操で大活躍した
内村航平選手の主食らしいです。(超偏食らしい)
内村選手が主食にしているというのが紹介されてから
爆発的に売れ出しちゃって(こゆりもその波にのった一人だけど・・・)、
今では売れ切れ店続出でなかなかお目にかかれない
という(ブラックだけど)シロモノ。


体操界の新星が内村選手ならば駄菓子界の新星はこの
天才・ブラックサンダー。ざくざく感がたまらない!
ぜひお試しあれ!




あの・・・


勘のするどい人は・・・


もうお気づきかしら・・・。





前記事のミル姉さんがウッチャン→内村つながりで内村航平→ブラックサンダー




という思考回路で今回記事になった、ということを。。。





3月にあの六郎くんが帰ってくる!!!
今から待ち遠しいっっ





スポンサーサイト

PageTop

ダルメシアンは牛ではないが・・・

ダルビッシュの奥さんサエコがデザインしたというこの服↓が


01201724_49758a50e0a31.jpg


セシルマクビーのこの服↓のパクリではないか?!


022_BEG.jpg



というネット記事を発見。




それがパクリかどうかはさておいて、
先日こゆりの友達がこれと同じようなダルメシアン柄の
ワンピを着てきた時、思わず








  「あっ!ミル姉さんっ!」 






と言ってしまったことを思い出しました。




おしまい。



ミル姉さん動画




PageTop

あなたは何派?

私はレーシック派 (by坂下千里子)



というCMとはまったく無関係の話になりますが、



想像してください。



よーく想像してください。



もし、



あなたの目の前に、



突然、





20090211155957.jpg




このような握りこぶしを出されて



 「握って!」



と言われたら、あなたはどういう行動をとりますか?




(・・・ここでよく想像してみてください・・・)







こうしますか?






20090211160132.jpg





目の前に出された握りこぶしと同じように自らの手で握りこぶしを作る。
そんなあなた。


そんなあなたはズバリ







  「M」です 




当たってますか???




え?あたしはそうじゃなくてこうしたよ?
って人いませんか?






20090211160038.jpg




目の前に出された握りこぶしを、自分の手で包んで握る。
そんなあなた。



そんなあなたはズバリ




S





こゆりは目の前に出された握りこぶしを何の迷いもなく手で包んだので
生粋の「S」!
そこにいた一同全員「やっぱりね~!」だとさ。(おだまりっ!)



まぁこれは簡単な心理テストというか半分お遊びのテスト。
どうやら試してみると世の中Mが多いということがわかったのですが
皆さんの周りではどうでしょう?




(手の友情出演:我がコ)




PageTop

こゆり、代官山が好きになる。の巻

・・・で、ですね。
前記事からの続きなんですけれども、ということで15年ぶりくらいに
オシャレスポット代官山ってーところに足を運んだわけでありんす。

15年ほど前の記憶の中の代官山といえばハリラン(ハリウッドランチマーケット)に
キッドブルー、シェ・リュイ、ママタルト(宮沢りえが好きだと公言していた
ケーキ屋さん)ってなもんで(SWIMMERなんていう雑貨屋さんもあったっけかな)、
雑誌にのっててセンスがよくって有名って店をちょっと迷いながら探し歩いたり
したもの。

それがすごいですね~代官山。すっかり立派に成長されちゃいまして。
複合施設が出来てたり小さなお店も劇的に増えてたり、私の記憶の中の代官山とは
別の街に変貌を遂げていまして、若干の驚きを隠しきれず。

感じの悪い店員♂のいるカフェもありましたが()、それを抜けば
代官山って街は、すごくイイ!
とても良い変貌の仕方でありました。
お店がいっぱいあってあっちゃこっちゃ見て回りたくなる衝動にかられます。
そんな衝動は中学高校以来ですかね?
目的もなくただ衝動にかられるまま街を練り歩きたい!
もっとこの街のことを深く知りたい!
というような思いになったのは中学生の頃に感じた吉祥寺へのアツイ思いに
とても似ているような気がします。
久々に探求心というものがムクムクしてきました。



が、その日はタイムオーバー。


とりあえずおみやげにシェ・リュイのスイートポテト↓

20090209164447.jpg


¥300。
種子島の安納芋(あんのういも)っていう甘味の強いさつまいもを
使ったスイートポテト。底の部分には安納芋の皮がびったりついてます。
どっしりと重みがあって食べ応えじゅうぶん。
めちゃウマ


抹茶ホワイトチョコパンとクリームパン↓


20090210072842.jpg


クリームパンのクリームが最高に私好みでイエスフォーリンラブ
(あたしゃーカスタードクリームにゃあちとウルサイよ)



そしてせっかく代官山に来たのなら一度は足を運んでみたかった
キャスキッドソン

友達にキャスキッドソンを説明するときに「イギリスので、花柄の絵の入ったバッグ
とかを売ってる店」って言ったら「えーあのよくオバサンが持ってるやつ?」って。。。
それは↓






item6320s.jpg



ドイツのFEILERのことですね。。。

違う違う!私が言ったのは



20090210120656.jpg


↑これこれ。これのことです。
代官山みやげに買っちゃった。キャキャ♪


面白そうなのでまた近々代官山、攻めにいきたいと思います





PageTop

こゆり、感じの悪い店員に遭遇。の巻

前記事の続きで代官山ネタをひとつ。

その日はお友達の個展に行く前に腹ごしらえがてら、とあるおしゃれカフェで
こゆり、Yちゃん、Eちゃんと待ち合わせ。
こゆりとYちゃんが先に到着、Eちゃんが遅れていたので2人で先に入店しよっか。
という状況において、二十歳そこそこのカフェの店員♂とこゆりたちの以下やりとり。



カフェの店員(♂) 「もう一人の方はいつ来るんですか?」
こゆりたち 「もうそろそろ来ると思いますが・・・」



カフェの店員♂ 「何分後に来ますか?」 



・・・・・・・そ、そんな細かい情報、必要ですか??
何分後に来るかまでは誰も知る由はなし、とりあえず
2人だけ先に店に入っちゃおうということで通されたのが2名席・・・
(補足:店には客は私たちだけでガラガラなのに・・・)


カフェの店員♂「もう一人来たら席くっつけます」 


・・・・・・・し、信じてください。本当に私たち3人なんです。
何分後に来るかはわからないけど、けど私たち本当に3人なんですぅー



さらに。



説明が大変なので省略しますが、




とにかくコーヒーを出すタイミング、間違ってるから!!



とどめに最後、友達がまとめて会計してくれたので
自分の分を計算したくてレシートを要求したら



カフェの店員♂「レシートは出ません」



・・・・・・・・バッサリーーー!!!



怒涛の4連発を1つの店で味わいまして、
これには全員一致で「さすがに感じが悪い!」と
意見がまとまりましたが、なんだか笑えてきたのはきっと


店員♂の感じが悪い
というよりか、店員♂の頭が悪い。



だからでしょう。



ちなみに遅れていたEちゃんは10分後くらいにやってきました



PageTop

こゆり、ギャラリーに足を運ぶの巻

小4の図工の授業のとき、図工の先生に
「これはヘタな絵の代表です!」
とクラスメイト全員の前で叫ばれた経験のあるほど
芸術のセンスに恵まれないこゆり


なのに、とっても素敵なお写真を撮る「フォトグラファー」のお友達が
いるんデス


そのフォトグラファーのお友達がいま代官山で個展を開催しているということで、
友達を誘って行ってきました☆


アメリカやアイルランド、スペイン、沖縄など世界各国で撮りためた
美しい景色を、素朴で、優しく、でもちょっと切なさも感じるような視線で
捉えられたすごく素敵な写真たちが飾られていました。
なんだかまるで自分が一人旅をしていてそこでその景色を見ているというような錯覚に
陥るような、スッと心に沁み入るようなそんなギャラリーの空気感を味わいました


ご興味のある方はぜひ足を運んでみてください。
2009年2月7日(土)~2月16日(月)まで代官山MONKEY GALLERYにて。
入場無料です。


詳細はこちら→ランズエンドの向こう



PageTop

モデルデビューしました☆

突然ですがワタクシ、モデルになることになりまして、
本日モデル初仕事をしてきました☆




20090203105944.jpg


ジャジャーン!!
ネイルのモデルです。


お友達がネイル検定を受けることになり、その練習用として任命されたわけで
ありんす。4月と10月の検定まで週1回1時間、ネイルの練習に協力することに
なりました。
4月は3級の試験でこれはベーシックな比較的合格しやすい試験、それに受かれば
10月の2級の試験でジェルネイルなどちょっと高度なワザを披露しなければならなく、
その後の1級などは3Dアートなどの神ワザレベルを要求されるというのですが、
友達はとりあえず2級まではとりたいと思っていて、しかもそれをスクールに通わず
独学で突破したいと鼻息も荒く意気込んでおります。
その情熱、こゆりにも少し分けてほしいくらいだわ(情熱を注ぐ対象が見つからないまま
早34年・・・)。


独学とはいってもきちんとプロ並みに道具も揃えてあり、
甘皮とって、やすりで形を整えて、ささくれとって、ベースコート→ネイル→トップコート
と一通りやってもらいます。ネイルの色は仕上がりがハッキリわかるように「赤」。


実は爪というのは幼少期のこゆりにとってコンプレックスでありました。
なぜならこゆりの爪は人に比べると、デカくて分厚くて縦に長かった。
桜貝のように薄くて適度な大きさのかわいいお爪に憧れたもんです。
そのデカさゆえ周りから恰好のネタにされ、小学6年生の時の卒業文集の
こゆりのページには、クラスメートから「大好物は、こゆりの大きなつめ!」
書かれた過去をもつほど・・・。
まぁ今思えば本当にくだらない小学生の悩みであって、ある程度の年齢に
なったら伸ばさなくてもマニキュアできるし丈夫だしということで自分の爪が
好きになりましたけど。

ってなにが言いたいかというと、「ネイルモデルとしては理想的なすごくいい爪」
って友達に言われたのです♪
やはり弱い爪のモデルさんだと割れたり傷んだりのトラブルが起こりやすくなる
そうですが、こゆりの爪は長さもあるしモデル向きだということなのです。
やってもらってる最中「いい爪だ~」「いや、ホントいい爪~」などと言われたことを
小学生のこゆりに教えてあげたい。
「おまえの爪は本当はいい爪だよ」・・・と。


ほめられてテンションがあがったので、ワイングラスとともに撮ってみました。



20090203111251.jpg



赤いネイルにゃーワイングラス。
だいたいそう決まってるものです。




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。