☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

まったりーなほっこりーな【すば&おみやげ編】

ハイハイーこれで最終章ですよー。
もうしばしお付き合い下さいー。


ρ(-ω-。)ヽ(・ω・。)イイコイイコ




沖縄行ったら必ず食べるものといえば?


そう!→→→→→→→→→→→→→→→→→→→「沖縄すば(そば)」



大好き!沖縄すば!これは絶対ハズせない。
5泊6日の旅行中6食食べました。毎日お昼は沖縄そば。
ここからは沖縄すば特集で。


■なかよし食堂(石垣島)

残念ながら写真ナシ(≧ー≦)
地元民多し。
沖縄すば屋さんには有名人の色紙がかなり飾ってあるんですけど
ここには小栗旬クンの色紙が飾ってありました。



■きしもと食堂(本島)


ここは本島では老舗というかかなり有名な店なんですが、儲かっているのか支店
出したようです。こゆりが行ったのは支店のほう。本店行きたかったな。
おつゆの味が「どん兵衛」に似てました。


P1000758.jpg

P1000755.jpg


■真壁ちなー(本島)


まかべちなー。
店構えがすばらしい!

P1000813.jpg

琉球古民家を改築した風情ある店構えで、沖縄の人のお宅にお邪魔して
食べている気分になれます。
それもそのはず。文化登録?っぽいのに指定されてます。


P1000797.jpg

「ちなー」の沖縄ぜんざい

P1000802.jpg

サクサク氷の下にあんこと小豆と白玉が入っている。
沖縄のぜんざいってこういう形がスタンダード。



■浜遊(石垣島)

P1000541.jpg

ダシが効いてて一口目から「!」って感じ。おつゆを全部飲み干したくなる味わいでした。
ウチのコと同じ年頃だろうお店の男の子が多分ずっとウチが気になっていたんだろうけど
アクションを起こせずにいたんでしょうか、ウチらが店を出た最後の最後に店の出口に
立ってずっと手を振ってくれた姿が印象的でした。



■竹の子(竹富島)

P1000617.jpg

麺もおつゆも完璧!
もやしが入ってます。


P1000618.jpg

自家製島胡椒「ピィヤーシ」が効いたじゅーしぃ(沖縄の炊き込みご飯)は独特でクセになる味。
はっ!もしや小島よしおの「らすたぴ~や」はこれが起源か?!

今回の旅ではこの「竹の子」さんがランキング第1位です
厳密にいうとカテゴリー的には沖縄すばというより八重山すばになるんですけどね。
(沖縄すばは麺が平たい、八重山すばは麺が丸い)

ご興味のある方はこちらを覗いてみて→竹の子さんHP


沖縄すばを食べたことない方。絶対食べましょう!!
毎日6日連続食べても飽きないヨ



それから沖縄行ったら必ず買うもの→→→→→→→→→→→→→→→→琉球ガラス。
種類も数も県内一の琉球ガラス村にて。


P1000821.jpg

20081031205009.jpg

今回も吟味してお気に入りをゲットしてきました。
キレイなの~幸せ~
食洗機×、熱湯×の繊細な琉球ガラスは大事に大事に使い
着実に数を増やしていってます。


そしてこちらはフツーのおみやげ。

P1000841.jpg

シークワーサーチーズケーキ、カルピスシークワーサーソフトキャンディ、さんぴん茶、
塩ちんすこう、エリーゼ紅芋&黒糖味、紅芋パイ。
紅芋パイとカルピスシークワーサーソフトキャンディは大ヒット!
もし沖縄に行くなら、もしくは行く人がいれば、買わなきゃソンですよ。
北海道ではまりもっこり、千葉県ではまめもっこり、なーんてのがありますけど
沖縄県では紅いもっこりが売ってましたwww
リアルwwwww


ということで沖縄旅行記はこれでおしまい。

タイトルの「まったりーなほっこりーな」はANAの沖縄キャンペーンキャッチコピーから。
まったり、ほっこりは京都弁。言葉のイメージではなんだか沖縄にぴったりな
のんびりした癒しのイメージですよね?
でも実際は

まったり→味がしっかりついている
ほっこり→疲れた

って意味なんだって Σq|゚Д゚|p ワオォ



長いこと旅行記読んでくれてありがとうございました。
ほっこりしたでしょ???




【おしまい】






スポンサーサイト

PageTop

まったりーなほっこりーな【沖縄本島編】

「戦争が終わって沖縄に米軍基地が招致されることになったときにですね、
アメリカによってどんどん開発されてゆく本島を目の当たりにして
我々当初は取り残された感がありましたよ。
だけども結局開発されなかったことが昔そのままの自然を残す形になったんで
今となっては本当によかったと思っとりますよ。」

と石垣島のタクシーのおじいは言った。

昨今の沖縄ブームで石垣島も結構開発されてきています。
新石垣空港の建設も始まっていたし。
でもなんもないところはなんもないままでいいんじゃないのかな。


とはいいつつも3日間なんもないところにいると多少の刺激が欲しくなってくるよな~、
というのも悲しいかな本音。

で、

P1000682.jpg


ジャン!
刺激を求めて4日目から本島に飛びました
北谷町の美浜というところにあるアメリカンビレッジと呼ばれる沖縄のナウなヤングが
集まるといわれる場所。

ハロウィンが盛んでどのお店も本格的に派手に飾りつけして見ていて楽しい♪

P1000683.jpg

ふぅー、やっぱ多少の刺激も必要よね。だってあたしミーハーだし (⊃∀`* )エヘヘ♪


そんでもってアメリカンビレッジのすぐ横にあるザ・ビーチ・タワーっていうホテルに宿泊
しました。
ここは

P1000673.jpg

リスザルやリクガメやオウムやふくろうやヤギや犬といった動物が敷地内にいるホテル。
さらに3匹いる犬は散歩させてもらえるっていうんで、マンションなので犬を飼えないうちのコは
大喜びで毎日散歩しました。


さらにここはプールが充実していて、ジャグジーや温泉プールやスパもあったりして
地元民も来ていました。

P1000712.jpg

P1000711.jpg

一番よかったのはヒーリングプール!水中にもぐるとイルカやクジラの鳴き声や
ヒーリングミュージックが聞こえるプールで、気持ちよくって永遠に泳ぎ続けられるってくらい
癒されました。まるで人魚気分。
ヒーリングプール、もっと全国展開したら絶対儲かるのに。(←ヒーリングらしからぬ不埒な考え)



そしてプール入口では無料でこんなものが。
初体験。



P1000694.jpg


ドクターフィッシュだぁー!
角質を食べてくれる魚。
足入れたらワッサ~寄ってきて角質をついばんでくれるんですが、この感触が
なんともいえない初めての感触で、ピリ痛っていうのかな、ピリピリしてちょっと痛いんですね。
低周波みたいな。(実際低周波が出てるらしいです)
でも慣れてくると不快さはなくなって、よぅしイイ子だもっと食え~!ってキモチになります。

角質の少ない子供にはあまり寄り付かず私の足ばかりに集中してきたのが
うれしいような悲しいような・・・。足裏だけでなくスネにまで這い登ってこられました。。。

ドクターフィッシュはトルコの魚で、角質だけでなく精神疾患や口内炎(ってことは口の中に!)
にも利用されるそう。
ちなみにドクターフィッシュ1匹=5000円(!)。




P1000726.jpg


おなじみの美ら海水族館。
何度いってもデカイ!!
人間、小っちゃー!! ΣΣ(・∀・)オオッ



【もうちょっとつづく】

PageTop

まったりーなほっこりーな【竹富島編】

まだ沖縄時間が抜けきらず、エイトフォーと間違えてケープを脇にシュッシュして
しまう始末・・・。頭がボーッとしてる証拠だわ。


P1000555.jpg


ここは石垣島最大の繁華街。
繁華街といってもちょっと大きな商店街って感じのところですがねw
お土産屋さんがずらーっと並んでるアーケードのど真ん中に沖縄のおばあが
食品を並べて売ってます。売ってるものが南国チック。


石垣に来て思ったこと。
昔ながらのお店も多いが割りと小洒落たお店も多いってこと。

昔ながらの店。

P1000558.jpg


小洒落た店。

P1000559.jpg

新しい感性を持った沖縄の若い女の子たちが小洒落た店をやっているみたい。
移住者がやってる店かと思いきや話してみると沖縄訛りがあったりするから。
ちなみに↑の店では石垣の素材を使った手作り天然石鹸を買いました。

妙に小洒落た感じのカフェとかが海近くに結構あったりしますが、ん~なんか違うな~なんて
思ってしまいます。ここは湘南やお台場ではないですからね。

やっぱ石垣なんだから

P1000561.jpg


↑こーゆー店であってほしい
さよこの店。手作りサーターアンダギーを1個から売ってくれます。
壁のイラストはおそらく沖縄の妖精きじむなーかと思われます。

P1000843.jpg


さてさてそんな石垣島からフェリーで10分行けば、竹富島に行けます。
近いから日帰りで行ってきました。
お目当てはこちら↓


P1000588.jpg


水牛車!
竹富名物の水牛車。これに乗って集落をのんびり周遊します。
これが夢だったのん

P1000593.jpg
P1000574.jpg
P1000649.jpg


乗りごこちはトゥーンタウンにあるトロリーみたい。
水牛のタケちゃん(推定70歳)が引く水牛車に乗りながらおねえさんが島の説明をしてくれたり
三線(サンシン)を弾きながら「泣きな~さ~いぃぃ~笑い~なさぁぁ~い♪」などと名曲「花」
を歌ってくれたりします。

P1000579.jpg


すっかり心が洗われました。

たけちゃんはちゃんとコースを覚えていて曲がるところは曲がるし迷わずゴールまで
歩くんです。カーブでは内輪差まで計算して大回りするし、かしこいおじいです。

集落を30分ほど周遊しましたが、住民らしき人は1人も
見つけられませんでした。みんな何やってるんだろう???
住民より観光客の方が多かったです。

P1000596.jpg

これは竹富の小中学校。全部で30人くらいの生徒に先生が20人もいるんだとか。
贅沢ですね~♪
みんな高校になると石垣島の高校の寮に入るんですって。


さて、竹富島は1周9.2キロの小さな島。
タクシーやバスなどはなく、交通手段は徒歩か自転車オンリーです。
そこで私らもレンタサイクルでうろついてみることにしました。
道路は軽く舗装されている島一周道路か

P1000613.jpg

珊瑚の砕けた白い砂の道

P1000640.jpg

いかにも離島って雰囲気で。
都会と違って車も来ないから安心して子供もこがせられます。
楽し~!環境にもやさしいし、チャリ最高

そしてチャリで冒険しながら行き着いたのが

星の砂がとれるカイジ浜

P1000609.jpg

見よ!この透明度を!

P1000607.jpg

竹富島唯一の遊泳できるビーチのコンドイビーチ。

P1000624.jpg

きれい~
ここはネットで囲われてないのでクラゲ汁が出てるこゆりとしてはハブクラゲが
ちょっと怖かったりしたのですが、ここまで来て入らないのはもったいないからと
思い切って入水しちゃいました。
今回は無事無傷で生還!


竹富島には人工的なものがホントになんにもない。
こーゆーなんにもないところに半日もいると人間「物欲」ってものがなくなってきます。
なんもいらねぇ。
ぜひ北島選手に言って頂きたい言葉です。






【まだつづく】




PageTop

まったりーなほっこりーな【石垣島編】


2008000444.jpg

ハイサイ!みなさん!

先週、5泊6日の沖縄旅行に行ってきました

今回は初の離島へと足を伸ばしてみました
行き先は、石垣島。
那覇空港で乗り換えて約1時間。

10月だから朝晩は涼しくなるものの日中は東京の9月あたまのような暑さで日差しは強し。
うれし~♪



今回のホテルは一部屋ずつ独立したコテージタイプのフサキリゾートビレッジ。
(写真はクリックすると拡大されます)

P1000458.jpg


南国ムード満点でテンションあがります
夜になるとヤモリがあらわれたりします。
この夜は目の前のビーチでイベントが行われていて、レゲエ生演奏に地元若者が
アツく踊りまくってました。砂浜で素足で踊る踊る踊る!!!


P1000467.jpg


車で島内1周しました。
川平慈英でおなじみの(?)川平湾。かびらわん。

P1000470.jpg

木にくくりつけられたブランコがニクいです。
ここではグラスボートに乗れます。
ボートの底が透明になっていて自然の海の中を観察できます。


P1000493.jpg


ニモがわんさか泳いでました。
さすがにポニョはいませんでした。

ここからさらに車で走って、マークパンサーおすすめの「トミーのパン」へ。
マークったら石垣島に住んでます(ました?)から説得力ありますね。

ちっちゃな看板を頼りにこんなとこにパン屋なんてあるの?というけもの道を走るとつきあたりに
ちいさなお店を発見!中は文化祭のパン屋さんのような雰囲気で10種類くらいこじんまりと
パンが売られているだけ。とりあえずアンパンをひとつ買ってみた。


P1000516.jpg


ん・・・



ウマイ!!!



ちょっとこれはヒットでした。片手の平大もあるフランスパン生地の中には
ひとくちめからぎっしりアンコが!
まだあったかい・・・。小麦の味がしっかりあって後引くウマさです。
教えてくれてありがとうマーク!!ぜひ小室夫妻にもオススメしてあげて☆



つづいて天然記念物の米原のヤエヤマヤシ群落。


P1000526.jpg


ジャングルの中を突き進んでゆくと(知らず知らずのうちにトシちゃんの
「Jungle Jungle」をくちづさんでしまっている悲しい性分・・・)


P1000523.jpg


凛としてヤエヤマヤシが立ちそびえてました。ジャンゴージャンゴー!!

P1000532.jpg

ちなみに入口にあるジュース屋さんで紫色のドラゴンフルーツジュースを飲んでみたら
これがめちゃウマ!完全にドラフルに目覚めちゃいました☆


さらに車でビュンビュン北上(信号ほとんどナシ。歩行者ほとんどナシ。
ゴーカート気分の快適ドライブ♪)。


最北端の平久保崎灯台。

P1000535.jpg


玉取崎展望台。

P1000548.jpg

石垣の北部は牧場多し。
道路脇には牛がいっぱい。
これが有名な石垣牛。

P1000553.jpg


あら。。。こんな姿に・・・・・・


P1000563.jpg


霜降りながらもさらっとしててすっごいおいしかった!!!
石垣牛の握り寿司とか、もうヤバイです!!!




【まだまだつづくよー】


PageTop

私にも・・・

20081016095756.jpg



ねんきん特別便が 



キタ━━━(ゝC_・o)━━━!!!



多分あってるっぽいけど、なんだろうこの心配感は。。。


みなさんは大丈夫ですか???



PageTop

おいもほり

幼稚園のおいもほりでさつまいもを3本掘ってきたので、


天ぷら、ふかしいも、スイートポテト


を作ってみました。




20081010133310.jpg




市販のスイートポテトってすごいお砂糖が入ってるのがわかり、
恐ろしくなりました。。。






(´ー`)/ 


PageTop

大人の階段登る~

20081009093644.jpg


こんにちは。ワタシはいったい何でしょう???






正解は、










20081008204341.jpg



コレを入れる入れ物



周りより少し遅れましたが、ようやく歯が抜けました~



PageTop

ちびくろ・さんぼ

あれ、おかしいな。なかなか体重減らないんですけどー。



生協のカタログに載っていてひときわ目をひいた本があって、懐かしさもあり
思わず購入したのがコレ↓


20081002100150.jpg


ちびくろ・さんぼーーー!!!(「・」が入るのですね)

この真っ赤な色、かわいすぎと思って無性にほしくなっちゃったのです。
昔私もおんなじのを持っていたのですが21世紀となった今も当時と
まったく変わっていないこのデザインに胸にこみあげるものがありまして、
また最近絵本といえばポケモン図鑑やらウルトラマン図鑑などという
「本やないやないか~い!」的なものしか与えていなかった罪悪感もあり、、、
久々の「良書」とのめぐりあい、万歳です。


めくってみるとこんな感じで

20081002100239.jpg


イラストかわいくないッスか?!
原色が目にまぶしいッス!!


ところで、ちびくろ・さんぼのストーリー、覚えていますか?
私は大まかにしか覚えていなかったのですが今回読み直してみたら実に面白い。


基本的に無理がある設定。
ツッコミどころ満載。


まずお父さんお母さんからもらった新品の服を着てじゃんぐるに散歩に行くさんぼ少年。
じゃんぐるに散歩って・・・・・・



スケールでかっ!



そして次々とトラに遭遇。
「食べちゃうぞー」と脅され仕方なくトラたちに服をあげてしまうさんぼ少年。




それって恫喝やん~おいはぎやん~



泣きながら歩くさんぼ少年でしたが、途中「誰が一番立派なトラか争い」をしている
トラたちを発見。やしの木のかげで様子を伺うさんぼ少年でしたが、権力争いに
必死なトラたちはさんぼ少年から奪った服を放り出して大喧嘩。
互いのしっぽをくわえて輪になりながら木の周りをぐるぐる回ります。
そのすきにさんぼ少年は見事服を奪還。
その間もトラたちのぐるぐる回るスピードは加速度を増し、ついにトラたちは

お待たせしました。

ちび・さんのクライマックス。



・・・バターになってしまいます!!







・・・・・・ってなんでやねん!!!
なんでバターなん??




いやいやトラがバターになるっていう展開はどう考えても強引でしょー、
トラはバターにゃならないでしょーと大人になったこゆりは思ってしまうのです。
昔はそんなこと思わなかったのにねー純粋に面白かったのにねー。


しかも本当はバターじゃないし。


20081002100455.jpg


「ばた」


だし。
「コンピュータ」、「プリンタ」のさきがけか?!「ー」の入らない言葉、「ばた」。



どうやら年月というやつはこゆりから純粋さを奪い、うがった見方しかできない
悲しい大人へと成長させてしまったようです

でもこのようにツッコミどころ満載のストーリーに、子供の頃とは違った楽しみ方を
覚えてしまい、結構ハマッて読んでいる今日この頃。大人になっても違った意味で
充分楽しい絵本です。
ちなみにコはというと、何がそんなにおかしいのかってくらいゲラゲラ笑いながら
読んでおり時代を超えて子供の心をがっちり掴むちび・さんの普遍的な魅力に
感心した次第であります。



で、ラストはどうだったっけ??


トラのばたでお母さんにほっとけーきを焼いてもらって



20081002100523.jpg



169枚食べたとさ。







・・・・・って、ひゃ、169枚ってオイー!!!
いくらなんでもそりゃムリだろう!!!
ってどっから169って数字が出てきたんかいなー??!!







PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。