☆☆☆こゆり公式ブログ☆☆☆

素人こゆりのゆるゆる日記。 ~聞いて下さい 今日もこゆりの 毒にも薬にもならない話~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北川温泉で親孝行②

朝起きて温泉入ってご飯食べたらもうチェックアウトの時間です
でもこのまま踊り子号に乗っちゃうのはもったいないよね・・・ってことで、伊豆熱川駅から徒歩1分、知る人ぞ知る「熱川バナナワニ園」に寄り道してきました。
ここってちょっとネーミングがインパクトあるっていうかそのままじゃん!って感じが興味をそそります。


入口入ると一面に、種類別に柵の中で飼育されているワニ、ワニ、ワニ・・・・・・

20080126100625.jpg


20080126102003.jpg



間近で見るワニってなんだかグロくて恐竜みたい。
夜行性なのか比較的静かで、たまにノソノソ動いているワニがいると一斉に観光客たちの注目を浴びていました。

しかしバナナワニ園といってもバナナとワニだけしかいないわけではありません。

20080126103939.jpg



こーんなラブリーなレッサーパンダくんや


20080126105334.jpg



フラミンゴ&トキや


20080126105720.jpg



ゾウガメなんかもいたりします。

見た感じバナナよりレッサーパンダの方が多くいたので「レッサーパンダワニ園」に改名したほうがよろしいのではないかと思ったくらい。

分園に行ってみると


20080126114031.jpg



レタスやキャベツや人参などの野菜が無造作に浮かんでいる水槽がありまして、何かと思えば


20080126114211.jpg



マナティです。人魚はマナティが起源と言われています。あまりにブサイクです。

一応、人魚の全身写真↓

20080126114012.jpg



それからバナナワニ園のフルーツパーラー(言い方懐かしっ)では、これを食べたあとはどんなに酸っぱいものでも甘く感じるという「ミラクルフルーツ」が頂けるということで食べてきました。


20080126111353.jpg



上にちょこんと乗ってる赤い実がミラクルフルーツ。赤い実の中は白い果肉と種が入っていてミラフル事体は特に甘くもなく酸っぱくもなくマズイようなシロモノでもありません。
初めにレモンの酸っぱさを確認してからミラフルを口の中で噛んでなじませ、その後またレモンをかじると・・・・・・ワーオ!本当に甘くなってる!
どんな甘さかというと、レモン味のキャンディーみたいな甘さかな。
グレープフルーツもグレープフルーツ味のキャンディーみたいな甘さに。
不思議でしたね~。


「どうしてもワナナバニ園って言っちゃう~」などと言いながら歩けば1時間もあれば回れちゃう規模ですが、意外にも充分楽しめる内容です。散歩がてら歩いたものの結構な運動量だったのでしょうか。帰りの踊り子号ではみなグーグー寝ちゃいました。



人生の節目の記念に選んだのがバナナワニ園てのもナンかなとは思いますが



おしまい。












スポンサーサイト

PageTop

北川温泉で親孝行①【2話完結】

20080125172005.jpg



1月は私の身内3人が誕生日というトリプルバースデイ月間です。
パパン、ママン、ツレアイの3人とも1月うまれ。
しかも今年は異例のパパン→古稀、ママン→還暦 という節目のお祝いが重なるため、トリプルバースデイ強化月間と銘打ち、いっちょやったるか!と


こゆりプレゼンツ
”はじめての1泊温泉旅行親孝行の旅”



行ってきました。伊豆は北川(ほっかわ)温泉。
踊り子号に乗って東京から2時間強、伊豆熱川駅から車で5分程度の温泉地です
道のいたる所から湯気が昇っています。

お宿のお部屋に入ってまず飛び込んできたのが、目の前に広がる水平線。その先には大島も。部屋からの景色は最高!
そして必ずしちゃうのがアメニティグッズチェケラッチョです。
女子的にはアメニティの充実度は、旅の満足度を左右してしまうほど重要。
綿棒とか置いてないとかなりテンションなわけで・・・
さっそく洗面所へいってみると


・コットン&綿棒&髪ゴムセット
・KOSE「アンテリージェ」のクレンジング、化粧水、乳液セット
・つめ磨き
・洗面所用TV
・使いたい放題のタオル


パーフェクト!化粧水らのブランドレベルの高さもグーです。
さっそくお持ち帰りさせて頂きました


あとよかったのは夕食後ロビーにて無料シャンパンサービスっていうの。
寝る前にロビーで一人シャンパンを呑みつつサービスの生チョコレートをつまみつつスポーツ新聞を読み漁る・・・というセレブなひとときを過ごしました
また「ソックスクリーニングサービス」ってのがあって、穿いてきた靴下を翌朝までに無料で洗濯しときますよ~なんていうありがたいサービスもありましたね。

そして忘れちゃならないのが温泉。
宿にある大浴場、露天風呂、ガゼボ(貸切風呂)はもちろん全部制覇。
大浴場の脇の休憩所では昼は地酒と伊豆のテングサで作ったところてんを、翌朝は朝採り野菜とフレッシュジュースをどうぞ、なーんていうこれまた心憎いサービスが。
(特にアジアンリゾート風の造りのガゼボはよかった。ほぼ満月に近いお月様を眺めながら、究極の癒しを味わってきました


お祝いということもありちょっと奮発したお宿にしたんだけど、やっぱりそれ相当のサービスも受けられるからたまの旅行はケチっちゃいけねえと思いました。




さらに宿から100Mほど行ったところにある黒根岩温泉
ここは波打ち際にある露天温泉。宿の浴衣を着ていけば無料というので張り切って寒空の中行ってみました。
実はここは混浴(19~21時女性専用)。
なんですけど、バスタオルOKなのでタオル巻きゃあいいや、一人だったらアレだけどツレアイもいるし・・・って軽~い感覚でいざ乗り込んでみたのですが・・・・・・・






私、うかつでした。。。





確かに私のバディはバスタオルにがっちり包まれて見られる隙はないのですが、周りに佇む殿方たちはノーガード!!完全に産まれたまんまのお姿で湯けむりの中に点在しておられるのです。ぶらーんぶらーんぶらーん・・・・・・
私は自分が「見られる」危険だけを考えて行動していたのですが、そこは混浴の盲点、 「見せ付けられる」という危険を想定していなかったのです。

まさか女が入ってくるとは殿方も思っていなかったのでしょうか。女は私ただ一人・・・。
同じ湯船につかっていた殿方はタオルを持参しておらず、こゆりがいるがために出るに出られないというそれはそれで逆に危機的状況に陥ってしまっていたため、もう少し温まっていたかったけれど気を遣ってそそくさと黒根岩温泉を後にするこゆりなのでした・・・。


気を取り直して・・・・・・

温泉後の楽しみは、なんといっても夕食!



【先付け】

20080125175912.jpg


どこで食べても「先付け」って「これからごちそうを食べます!」って感じでワクワクするから大好き。これを食前酒の梅酒と一緒にちびちびやるのがいいのよね~。


【フォアグラとフカヒレの茶碗蒸し】

20080125181250.jpg


贅沢の極み、ですね。


【刺身盛り合わせについてた伊勢海老の殻】

20080125192259.jpg


宿のイケスにいたエビちゃんです。翌朝はお味噌汁に。


【牛肉の石焼ステーキ】

20080125182142.jpg


400度に熱した石の上で焼いて食べます。塩もなにもかけずに食べるのが一番おいしかったから、きっと肉事体がイイのでしょう。ちなみにこの石は、翌朝のお味噌汁鍋にも入れて地獄谷のように味噌汁をボコボコ沸かせて魅せるという使われ方もされました。

【デザート】

20080125193040.jpg


茶色っぽい「ココアとあんこのデザート」がめちゃうまでした。ココア+あんこ=生チョコケーキの味で、見事な和と洋の融合です。



お祝いってことで白ワイン1本サービスしてくれました
ここのお宿では「キッズスター」っていうサービスがあって、添い寝の子供は宿泊料金タダだけどカレーライスのサービスや朝はコーンフレークのサービスをしてくれてラッキーでした。
浴衣も貸してくれたし至れりつくせりなのに、タダ。嬉しいね


お祝いで行った旅行なのに結局子守役のようになってしまった両親だけど、喜んでくれたようでよかった。パパンなんかは「あと10年くらいだな、オレは・・・」なんて笑って言ってるけれど、その間あと何回親孝行できるのかなぁ・・・?浴衣からのぞくすっかりたるんでハリを失いシワっぽくなったその肌を見てふと感慨深くなりました。



動けるうちにいろんな思い出を作ってあげたい。




そんな愛しさと切なさと心強さが込み上げる、俺とお前と大五郎な一日目の夜は更けていったのでした。。。




つづく。


PageTop

初雪♪

20080123095831.jpg




関東地方、初雪です。

結構な勢いで降っています。

実はお正月に、しかも元旦に、大阪で2008初雪初体験していたんだけどもそれはホントに
一瞬だけで終わったので、大阪地方でも全く報道されないという悲しい宿命を背負った初雪でした。

しかし今日のは大粒で、関東地方にしてはスゴイ方。
で、しかもキレイ。がっつり降ってくれると雪の日も楽しい。
眞鍋かをりのブログにならって、雪の中で「粉雪」を熱唱するレミオロメンごっこ、両手を大きく広げてGLAYごっこ(TERU)をしたいと思います。


(´ー`)



この時期に雪。
今日だけは久しぶりに温暖化を忘れて、まともな冬を経験している気がします。




PageTop

もう一度見たい!あの名作アニメ

1月14日月曜日、待ちに待ったアレがついに始まりました。

アニメ「ヤッターマン」 


見ました?見ました?
別に私アニヲタとかじゃないんで正直昔過ぎて内容を忘れかかっていましたが、見ていたらどんどん記憶が蘇ってきちゃって・・・。登場人物の名前(ガンちゃんアイちゃん等)とかキメ台詞とか、細かいところも基本当時のまま。
子供の頃見ていたヤッターマンを数十年を経た今、また見られるってことだけでワクワクなのに、それプラス平成生まれの自分の子供と一緒に見られるということ。自分が子供の頃見ていたワクワク感を今度は自分の子供とまた味わえる、共有できるってのがたまりません。
素晴らしいではありませんか!

ポケモンとかは確実に自分史にはないアニメですので思い入れも薄く、サラッと流して見ちゃってる部分があるんですけど、ヤッターマンは自分も子供に帰って子供目線で作品を鑑賞できる貴重なアニメ。
そして実際平成生まれのコもゲラゲラ笑って見ているのを見ると、子供っていうのは根っこの部分ではいつの時代もそんなに変わらないのかなってちょっと安心したりして。


きっとソコがTV局側の狙いなんだろうとは思うんですがね。
当時の子供が大人になった今、また自分の子供と一緒に見てハマる→数字がとれる


まさにソレ。
まんまとTV局側の狙いにひっかかってまーす。



(´∀`)/ イエーイ



ネットでも相当話題になってるようですしね。
実写版も作られるそうですが、そのキャスティングも見事!
ガンちゃん・・・櫻井翔
アイちゃん・・・福田沙紀
ドロンジョさま・・・深田恭子
ボヤッキー・・・生井勝久
トンズラー・・・ケンドーコバヤシ
よくもまぁそんなピッタリの俳優を見つけ出したこと!
実写版も絶対見に行くゾ!!


ヤッターマンで火がついたのかな?私らが子供の頃のアニメって良かったと思いませんか?
最近それらをもう一回見たい気持ちが強くなりまして。


先日偶然TOKYO MX(ウチでは9チャンネル)で「アルプスの少女ハイジ」をやってて思わず見入ってしまいました。それもあの有名な「クララが立った!クララが立った!」のシーンを見れちゃった。


ハイジを始めとする世界名作劇場(トムソーヤの冒険、赤毛のアンなど)とか、ドンチャック物語、魔女っこメグちゃん、花の子ルンルン、あさりちゃん、ドクタースランプあられちゃん、おはようスパンク、クリーミーマミとか、思い出すとあまずっぱいな~。。。
こんなご時世ゆえヤッターマンのドロンジョ様は服が完全にはだけない風に変更されてましたので、「まいっちんぐマチコ先生」だけは再放送がキビシイだろうとは思いますが・・・・・・



皆さんの「もう一度見たい!あの名作アニメ」は何ですか?




私はやっぱり「キャンディキャンディ」かな





余談ですがドロンジョ様ってのび太くん、トンズラーってジャイアンと同じ声の声優さんだったんですね。




PageTop

ロイミ

寒い日が続きますね。

そんなとき飲みたくなるものは?


私は、ロイミ。
ロイヤルミルクティー。

おいしいから大好き!ロイミ!
そんでもって、カーディガン・編み物・ホットココア、の「世界三大優しい気持ちになれるもの」(個人的に)と同じくらい優しい気持ちになれるのも大好き!ロイミ。

将来娘が産まれたらきっと名前は「ロイミ」ちゃんにします。
優しい子供になってくれるでしょう。
ウソです。


そんな大好きなロイミちゃんですが一つ難点が。


それはヨゴレ。
お鍋で煮出すと出来上がった頃にはミルク染みみたいのがベッタリこびりついて洗うとき大変!こびりつかなかったとしてもお鍋を都度洗わなければならないのはちょっと億劫・・・。


だったんですが、今年からレンジでチンで簡単煮出しっていうテがあると気付いてから
毎日ハマっています。マグカップに牛乳入れてティーパック入れてチン!だけ。
鍋いらずなだけでなく時間もかからないし最高!
二回チンしたほうがよく煮出されておいしいです。
使う紅茶はアールグレイ。アールグレイですよ。



アールグレイのあの香りとミルクの湯気・・・・・・優しい気持ちになれます。
内館牧子さんにも飲ませてあげたいと思っています。




20080115143226.jpg







PageTop

ダイアモンド

今日は思い切ってカミングアウトします。

本当は去年中にお知らせしたかったのですが、色々考えているうちに年越してしまいました。






実はわたし・・・・・・・・















ホワイティ











を発見してしまったのです。











どこにって?














それはさ






















いんのもう、にですよ。。。。。。。。。。。












陰の毛、にですよ。。。。。。。。。。。

















がびーーーーーーーん ○| ̄|_






・・・は、早すぎやしませんか???
もうそんな年なんですか???





女医の西川センセーが以前TVで同じようにカミングアウトしてましたが、そのときで確か35歳くらいだったと思うんですけど。
「キラッと輝くモノを見つけて、初めはダイアモンドかな?と思ったんです」って西川センセーはおっしゃってたんですけど。



同様のダイアモンドを自身の体で発見してしまいました



光の加減ではありません。
確実に白銀の輝きでした。。。




ああうまく言えないけれど宝物だよ、とは言えません。
好きな服を着てるだけ 悪いことしてないよ・・・・・・



忍び寄る老いの影。。。
なんか、終わったな・・・・・・っていう気にさせられました。










PageTop

最近気になっていること

新年早々、「おっぱじめる」の
おっ
の意味が気になって仕方ないのです。
「おっ」って何なんですか?

そうこうしているうちに今度は「こっぴどく」の
こっ 
が気になってきちゃって、ムズムズしてきました。


おっぱっぴーの意味はわかるけど(オーシャンパシフィックピース)、「おっ」と「こっ」はわからない・・・。


辞書で調べてみました。


するとどうやら「おっ」は「”押し”の音便で、意味を強める」という意味がある接頭語であることがわかりました。押し始める→おっぱじめる。意味を強めるのですから何かを普通に始めるのではなく、急におもむろに前触れもなく何かを始める、そんなニュアンスでしょうか。
「君君、何を急におっぱじめるつもりだい?!」
これがわかりやすい使用例ですかね。


では「こっ」は?

残念ながら辞書には書いてなくてわかりませんでした。
しかし「おっ」の感じからするとこれも意味を強める接頭語ではないかなと思ったのですが
ではなぜ「おっぴどく」ではないのか・・・。
でも「おっぴどく叱られた」よりも「こっぴどく叱られた」の方が最上級な気がするから、
そんな響きや感覚から自然とひどくの場合は「こっ」に変化したのかな・・・。
「そりゃあもうおっぴどく叱られてね・・・」より「そりゃあもうこっっっぴどく叱られてね・・・」
の方が受け手側も「おぅおぅそれは大変だったですね」って言いたくなるもんね!



って全くどーでもいいことを書いてるなぁと自分でも気付いています。
気付いているんだけど今度は「のっぴきならない」ののっが気になってきちゃって・・・あぁ何か嫌~なスパイラルに入り込んじまったなーと思うわけです。

そしてまた辞書で調べると、そこには
「のっぴきならない→避けることも退くこともできない。どうしても自分の身におわなければならない」というまっとうな解説が。接頭語ではないのですね。



「おっ&こっ」問題。
私にとってはのっぴきならねぇ問題なんです




PageTop

新年あけました!

改めまして新年あけましておめでとうございます!!!
今年も「こゆり公式ブログ」、ご贔屓のほどよろしくお願い申し上げますm(__)m



久々更新ですが、まず最初に、皆様にお詫びしなければならないことがあります。
ちょうど1年前、2007年の1月って何やってたっけ?と思って見返してみたこのブログ。
「大阪の吉本笑店街で見た芸人・淀家萬月が2007年クるかも?!」というようなことをのたまっておりましたが・・・・・・結局ブレイクはしませんでした。。。
申し訳ございませんでしたっっ



( ´,_ゝ`)プッ



さて私の2007-2008。
毎年恒例のツレアイの実家がある大阪郊外にて過ごしていました。
しかし毎年恒例といっても今年は違う。
毎年行っているけれどほとんど実家近辺をウロつくだけで全然大阪をわかってないじゃん、ということで今年の正月のテーマはずばり「ベッタベタな大阪里帰り」。
だ・か・ら

通天閣に登ってビリケン様を拝み、吉本を見て、なんばをうろつき、串揚げを喰らいました

ちなみに私の今の本籍地も近かったので立ち寄ってみましたが、エアギター世界チャンピオンのダイノジのオオチが着ているようなセーターがたくさん売ってるようなベッタベタ大阪な場所でした・・・


大晦日はツレアイの実家にてみんなで紅白を見ながら年越しそばを食べるという、これもまた日本人ぽいベタな過ごし方。そして肝心の年越しはといえば、嫁としての務めを果たし終え、夜ホテルに向かう帰りの車中で気付かぬうちに日付が変わっていたという味気ないものに。。。
やはり年越しというのはその瞬間を意識し、カウントダウンやら時計やテレビを見て迎えないとまったく意味がないものなのですね。除夜の鐘とか聞くと、多少なりとも妙にかしこまった気分になりませんか?そういう気分にならないと大晦日といってもフツーの一日となんら変わりないってことを身をもって知ったのでした。ありがたみってモンがないのですよ。



そんな気分で迎えた2008お正月でしたが、そんな私をかしこまった気分にさせてくれたのがたまたま通りかかったお寺さんの入口の標語。



正月は、自分の心を正す月



ウマイッ!おーいお茶の俳句コーナーにでも載ってそうな見事な五・七・七。
いいこというねぇ。仏教ってあなどれないね!
せめて正月くらいは煩悩にまみれた心を正そう!
・・・・・・一瞬だけそう思いました。一瞬だけ、ね。

ところがそのお寺さんをとおり過ぎた直後。

犬の飼い主さんのマナーも向上し、キョービなかなか落ちていない犬のウ○コ
この広い世界の面積と比べると落ちてるウ○コの占める面積なんて何兆分の1以上だろうに、見事ロックオンしちゃう人っているんですね。
思いっ切り犬のウ○コを踏んづけたマイ・son。
オマエは古典落語のオチか!!「新年早々ウン(運)がついた」ってね
ベッタベタのお正月最後に起こったあまりにベタなオチのついたハプニング。



今年はなんだかいい年になりそうな予感です



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。